スウェーデン芸術祭

日本遺産の認定に向けて

日本遺産は平成27年度からスタートした取組で、地域の歴史的魅力や特色を通じて文化・伝統を語る「ストーリー」を文化庁が認定し、地域の活性化に生かそうとするものです。本市においても、点在する歴史的価値の高い文化財の活用を通じた地域の活性化のため、日本遺産の認定を目指しています。

 ここでは、日本遺産の概要や核となる文化財のほか、認定に向けた今後の取組などについてお知らせします。

 

日本遺産に追加認定されました

日本遺産ロゴマーク

 

 平成30年5月24日、北前船の日本遺産ストーリー「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」に追加認定されました。

 「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」(外部サイト)

 

 

 

 

北前船ロゴマーク小樽市が加入している北前船日本遺産推進協議会の公式WEBサイト

 日本遺産ストーリー「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地船主集落~」公式WEBサイト(外部サイト)

 

 

 

小樽市の構成文化財

「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」の小樽市の構成文化財は以下のとおりです。

日和山の写真

日和山

旧北浜地区倉庫群(写真は旧大家倉庫)

旧北浜地区倉庫群

(旧大家倉庫ほか)

 

旧魁陽亭の写真

旧魁陽亭

住吉神社奉納物(第一鳥居ほか)

住吉神社

(第一鳥居ほか)

 

奉納物船絵馬群(龍徳寺金比羅殿ほか)

船絵馬群

(龍徳寺金比羅殿ほか)

北前船関係古写真(港に多くの船が停泊している様子) 

北前船関係古写真

 

西川家文書(小樽市総合博物館所蔵)

西川家文書

日本遺産とは

 地域の活性化を図るため、文化庁が、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを認定するものです。

 日本遺産のストーリーには、「地域型」と「シリアル型」の2つがあります。

【地域型】

 国指定・選定文化財を中核に、単一の市町村でストーリーが完結するものです。地域型で申請する場合は、『歴史文化基本構想』や『歴史的風致維持向上計画』が策定されている必要があります(※)。

【シリアル型(ネットワーク型)】

 複数の市町村にまたがってストーリーが展開するものです。この場合、「国が指定・選定する文化財」を連携する市町村の中で一つ以上含める必要があります。

 詳しくは、文化庁の日本遺産ポータルサイト(外部サイト)をご覧ください。

 

※「歴史文化基本構想」については、現在、小樽市教育委員会が平成30年度策定に向け作業中です。

 

市内の主な文化財

小樽市の方針

 地域型については、歴史文化基本構想の策定を行う小樽市教育委員会と産業港湾部とが連携しながら検討を進め、申請を目指します。シリアル型については、産業港湾部日本遺産等担当が主体となり取り組んでおり、平成30年度に追加認定された「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」のほか、北海道創生総合戦略に掲げられた『産業遺産(炭・鉄・港)の保全・活用による交流人口の拡大』をテーマとした日本遺産認定に向けた空知総合振興局の取組に協力します。

 

これまでの取組

平成29年度

  • 4月1日、小樽市産業港湾部に日本遺産等担当配置。
  • 5月17日、炭鉱(やま)の記憶推進事業団「初任者のための炭鉱講座」出席。
  • 7月1日、京都府で開催された「日本遺産サミットin京都」を視察。
  • 7月14日、岡山県で開催された「北前船寄港地フォーラムinおかやま」出席。
  • 8月19日、小樽経済センタービルで小樽シンポジウム「日本遺産の認定に向けて」を開催。
  • 9月2日・3日、運河公園で青年会議所による「北運河ルネサンス2017」開催。ステージで日本遺産について説明。
  • 11月4日、赤平市で開催された「炭鉄港セミナー」出席。
  • 11月24日、鳥取県で開催された「北前船寄港地フォーラムin鳥取」出席。
  • 12月8日、江差町で開催された「日本遺産認定に向けた意見交換会」及び「江差町『日本遺産』認定記念シンポジウム」出席。

平成30年

  • 1月30日、北海道庁にて開催された産業遺産「炭鉄港」に係る情報交換会出席。
  • 1月末、酒田市教育委員会を通じて、追加認定に係る北前船日本遺産変更申請書を文化庁に提出。
  • 2月21日、兵庫県篠山市を視察。
  • 3月14日、札幌市で開催された「ほっかいどう学」の学びを考えるシンポジウム2018出席

 

平成30年度

  • 5月24日、文化庁から平成30年度認定の日本遺産が発表される。小樽市は昨年認定された「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」への追加認定が決定。

など

 

日本遺産認定後の取組

 日本遺産に認定された後は、日本遺産魅力発信推進事業の実施ということで、情報発信や人材育成、普及啓発事業などのほか、ストーリーの理解に有効な環境整備など、地域が自立的に活性化を図ることが出来るような取組を行います。

 

 日本遺産の認定やその後の地域活性化計画には、市民の皆さんの協力が不可欠です。市民が小樽の魅力を再認識し、小樽のまちが持つ歴史のストーリーを十分に理解し、まちに愛着を持っていただく取組を進めながら、観光客の皆さんに小樽の魅力を伝え、感じて、体験していただけるような取組を進めたいと考えております。

 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

 お問い合わせは、産業港湾部日本遺産等担当(内線319)までどうぞ。

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.