祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

「炭鉄港(たんてつこう)」日本遺産認定について

本市が申請者として名を連ねたシリアル型(複数の市町村にまたがる)の日本遺産ストーリーが認定されました。令和元年5月20日、東京で認定証交付式が行われました。

 

※炭鉄港とは・・・北海道総合戦略に位置づけされている「産業遺産(炭・鉄・港)の保存・活用による交流人口の拡大」のため、空知地域、後志地域、胆振地域が連携して施策に取り組むものです。

 

申請者

赤平市、小樽市、室蘭市、夕張市、岩見沢市、美唄市、芦別市、三笠市、栗山町、月形町、沼田町、安平町の12市町

 

タイトル

本邦国策を北海道に観よ!~北の産業革命「炭鉄港」~(ほんぽうこくさくをほっかいどうにみよ!~きたのさんぎょうかくめい「たんてつこう」~)

 

ストーリーの概要

明治の初めに命名された広大無辺の大地「北海道」。その美しくも厳しい自然の中で、「石炭」・「鉄鋼」・「港湾」とそれらを繋ぐ「鉄道」を舞台に繰り広げられた北の産業革命「炭鉄港」は、北海道の発展に大きく貢献してきました。
当時の繁栄の足跡は、空知の炭鉱遺産、室蘭の工場景観、小樽の港湾そして各地の鉄道施設など、見る者を圧倒する本物の産業景観として今でも数多く残っています。
100km圏内に位置するこの3地域を原動力として、北海道の人口は約100年で100倍になりました。その急成長と衰退、そして新たなチャレンジを描くダイナミックな物語は、これまでにない北海道の新しい魅力として、訪れる人に深い感慨と新たな価値観をもたらします。
 

本市の構成文化財

北防波堤小樽港北防波堤(撮影場所:小樽市手宮2丁目付近、手宮公園内)

 

(北炭ローダー基礎)北炭ローダー基礎(撮影場所:小樽市手宮1丁目4-1付近)

 

写真は松田ビル色内銀行街(旧三井物産)(撮影場所:小樽市色内1丁目9-1付近)

 

運河ターミナル色内銀行街(三菱商事小樽支店)(撮影場所:小樽市色内1丁目1-12付近)

 

写真は旧手宮線遊歩道手宮線跡地及び付属施設(撮影場所:小樽市色内1丁目9-5付近)

 

旧手宮鉄道施設(三番庫)旧手宮鉄道施設(撮影場所:小樽市手宮1丁目3-6、小樽市総合博物館本館内)

 

中央市場小樽中央市場(撮影場所:稲穂3丁目11-2付近)

 

今後の取組

申請者の市町及び北海道、各観光協会、各商工会議所等で構成する「炭鉄港推進協議会」が、申請の際、文化庁に提出した地域活性化計画に基づき、人材育成・普及啓発・調査研究等を行ってまいります。

 

※「炭鉄港推進協議会」には、札幌・小樽・室蘭の各開発建設部にオブザーバー参加いただいております。

 

ストーリーの構成文化財一覧表(抜粋)

ストーリーの構成文化財一覧表(抜粋)
区分 文化財の名称 指定等の状況 ストーリーの中の位置づけ

 

 

港湾

 

小樽港北防波堤

未指定

(建造物)

1908年、広井勇によりわが国初の本格的港湾整備として建設。100年以上を経過した現在も、「第一線防波堤」としてその機能を果たしている。
北炭ローダー基礎

未指定

(建造物)

1939年建設。鉄道で運んだ石炭を船に積み込むための機械が据え付けられていた基礎、小樽港に唯一現存する石炭積み出しの痕跡。

色内銀行街(旧三井物産及び三菱商事小樽支店)

未指定

(建造物)

日本銀行、三井銀行をはじめとする明治から昭和にかけて建設された大手銀行が建ち並び、石炭を扱った商社の支店が当時の栄華を今に伝えている。

 

 

鉄道

 

手宮線跡及び附属施設

未指定

(史跡)

手宮線は、1880年に北海道最初の鉄道として開通。市内中心部には、鉄道施設を残したオープンスペースが整備されている。
旧手宮鉄道施設

国重文

(建造物)

機関車庫三号は、1885年竣工の現存するわが国最古の機関車庫。レンガは「フランス」積み。機関車庫一号は1908年に竣工。レンガは「イギリス」積み。
小樽中央市場

未指定

(建造物)

市場で仕入れた鮮魚やかまぼこをブリキ缶に入れ風呂敷で背負った行商人、通称ガンガン部隊が鉄道を使い空知の産炭地へ向かっていた。

 

お問い合わせ

問合せ先:小樽市産業港湾部日本遺産等担当32-4111内線319

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.