天狗山からの風景(天狗桜)

歩くスキー事業

小樽市では、冬季間における市民の健康・体力づくりと歩くスキーの普及を図るため、

小樽からまつ公園運動場から林間にかけて歩くスキーコースを整備しています。

また、運営ハウスを休憩所として開放し、歩くスキー用具の無料貸出しも行っています。

 

歩くスキー林の中を進む歩くスキーのぼり歩くスキー分岐点シラカバの道歩くスキー事業歩くスキー受付のからまつ公園運営ハウススキー用具の貸出しスキー靴を履く

 

からまつ公園歩くスキーコースの紹介

 

 

小樽からまつ公園運動場運営ハウスの開放

小樽からまつ公園運動場

所在地:小樽市最上2丁目3番1号(Googlemapが開きます(外部サイト))

自家用車でお越しの際は、公園横の駐車場を御利用ください。

  

開放期間

歩くスキーの予定表

 

平成31年1月8日(火)から平成31年3月23日(土)までの開放可能な日。

原則として、月曜日と祝日の翌日は開放しておりませんが、詳細は開放予定表(PDF88KB)を御覧ください。

悪天候時は開放を行わないことがあります。

 

開放時間

午前10時から午後4時30分まで

 

開催場所

一階ロビーとトイレ

 

歩くスキー用具の貸出し

貸出場所と期間

運営ハウスの開放日に、一階ロビーにて貸出しを行います。

 

貸出時間

午前10時から午後4時まで(運営ハウス開放終了の30分前までに返却してください)

 

貸出用具

歩くスキー(130cmから200cmまで)

スキー靴(18.0cmから29.0cmまで)

ストック(90cmから145cmまで)

貸出用具の数に限りがありますので、御了承ください。

 

使用申請

運営ハウスに借用願(貸出簿)がありますので、必要事項を記入の上、係員に提出し、使用許可を得てください。
料金は無料です。

 

貸出用具についての注意事項

  • 使用者は、事故防止と健康管理について、充分に注意してください。
  • 使用許可を受けた場所以外で、使用しないでください。
  • 歩くスキーとしての使用目的以外に、使用しないでください。
  • 使用許可を受けた方以外は、使用しないでください。
  • 使用する方が小学生の場合は、必ず保護者又は責任者の方が同伴してください。
  • 損傷又は紛失したときは、速やかに小樽からまつ公園運営ハウス、教育委員会生涯スポーツ課へ連絡してください。
  • 損傷又は紛失したときは、その使用者に損害賠償を求めることになります。
  • 貸出期間中の傷害については、使用者又はその保護者が責任を負うものとします。
  • 使用後は、必ず係員の点検を受けてください。
  • その他のことについては、係員の指示に従ってください。

 

利用者の声

当スクール生と保護者合わせて14名で歩くスキーを実施して来ました!おかげさまで、幼児から大人まで約1時間半、全員が楽しみながらトレーニングする事が出来ました。全身運動で体幹も鍛えられ、来シーズンは定期的に歩くスキートレーニングを取り入れたいと思います。子供達も疲れたけど楽しかった!と満足げでしたよ!

(市内サッカースクール)

歩くスキー受付の様子歩くスキーをグラウンドで楽しむ様子看板の前でのショット森林のなかで歩くスキーをする様子

 


冬は家の中にこもり運動不足になりがちです。

そんなときに、からまつ公園でやっている歩くスキーコースのことを知り、

用具を無料で貸してくれると聞いて、今回初めて来てみました。

ここはSAJ公認のクロカンコースで過去には国体もやったとか。

長く小樽に住んでいるのに、全く知りませんでした。

普通のスキーをやったことがあったせいか、歩くスキーにもすぐ馴染めました。

意外に簡単なのですね。

平らな公園のグラウンドから一歩森林コースに入ってびっくり!

シーンと静まり返った別世界が広がっていて驚きました。

都会の喧騒から離れ、普段のストレス社会から一気に開放されたようです。

市街地のすぐそばにこんな場所があるなんて!

小樽の魅力を改めて再認識し、運動不足も解消できて、いい気分転換になりました。

また利用させてもらいます。(市内40歳代男性)

 

ハウス前の写真5kmコースの途中の写真小田かんけい歌碑前の写真森林のなかの写真

 

 

参考リンク

問合せ先

小樽からまつ公園運動場運営ハウス内

一般財団法人おたる自然の村公社

〒047-0023

小樽市最上2丁目3番1号

TEL0134-25-1701
FAX0134-25-8120

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.