小学校の屋内運動場・教育委員会庁舎付属屋内運動場の開放事業について

小樽市では、継続して活動している地域の団体に、学校教育活動に支障がない範囲において、

市内小学校の屋内運動場と教育委員会庁舎付属屋内運動場を開放しています。

 

使用申請から納入までの流れ

使用申請のながれ

 

使用申請の受付について

夏期と冬期の2期に分けて、申請を受付けています。

詳細については、下記をご覧ください。

 

  • 夏期(4月から10月)

平成30年度(夏期)学校開放事業のページ

  • 冬期(11月から3月)

平成29年度(冬期)学校開放事業のページ

 

 

使用許可書等の送付について

申請受付後、使用許可書等を送付いたします。

使用許可日時(同封)に記載されているとおりの日時で使用してください。

※学校や管理者の都合により、変更または中止することがあります。

 

使用について

  • 自主管理方式により、開放施設の開錠・施錠の管理、安全上の点検をしてください。
  • 学校開放用玄関付近に備付けている学校開放日誌に開放の状況を記録してください。
  • 緊急を要する場合には、小樽市教育委員会生涯スポーツ課(平日の午前9時から午後5時まで)、または小樽市総合体育館(平日の夜間、土曜日、日曜日、祝日)へ連絡してください。
  • 使用団体の都合により中止する場合は、事前に必ず生涯スポーツ課へ報告してください。

使用中止の連絡はこちらのページから(学校開放の使用中止の連絡)

 

納付書の発行について

  • 使用実績に基づき、納付書を発行します。
  • 納付書は使用した月の翌月に代表者へ送付します。

 

納入について

  • 納付書により金融機関の窓口で納入してください。
  • 使用料が未納の場合は、開放の使用を取消します。また、今後の申請を許可しないことがあります。

 

 

その他

  • 北照高等学校でも地域への健康サービスの一環として体育館の開放を行っています。

詳細はこちらのページを御覧ください。(外部サイト)  

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.