祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

新型コロナウイルス感染症の発生について

令和2年5月29日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について

●一般的な状況における感染経路は飛沫感染、接触感染であり、空気感染は起きていないと考えられています。閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがあります。
●感染力は事例によって様々で、一部には、特定の人から多くの人に感染が拡大したと疑われる事例もあります。一方で、多くの事例では感染者は周囲の人にほとんど感染させていないという報告があります。
●発熱や呼吸器症状が1週間前後持続することが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える人が多い特徴があります。また、季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。
●り患しても軽症であったり、治癒する例も多い。重症度としては、致死率が極めて高い感染症ほどではないものの、季節性インフルエンザと比べて高いリスクがあります。特に、高齢者・基礎疾患を有する者では重症化するリスクが高くなります。

 

市民の皆様へ

新型コロナウイルス感染症の発生が、道内を含め全国で報告されております。体調に変化があるときには、相談・受診の目安を参考に、ご相談ください。また、本市や道内等の発生状況を参考に、感染拡大防止にご協力をお願いいたします。

 

新型コロナウィルス感染症についての相談・受診の目安

1.少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、帰国者・接触者相談センターに相談ください。(これらに該当しない場合も相談可能です。)

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合。

・重症しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合。

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方。

・上記以外の方で発熱や咳などの比較的軽い風邪症状が続く場合。

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

・妊婦(念のため重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください。)妊婦の方々などに向けた対策(外部サイト)

・小児については、小児科医による診察が望ましく、小児医療機関、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

子どもに受診を迷う症状があるときの相談・受診の流れ(外部サイト)

 

2.相談.受診の前に心がけていただきたいこと

・発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。

・発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

・基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウィルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

 

3.医療機関にかかるときのお願い

・複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします。

 

※新型コロナウイルスのPCR検査は、帰国者・接触者センターでのご相談や医療機関を受診し、新型コロナウイルス感染症が疑われた方が検査の対象となります。

「帰国者・接触者相談センター」等の連絡先

小樽市保健所健康増進課

・電話番号0134-22-3110(受付時間:平日8時50分-17時20分)

・電話番号0134-22-3117(受付時間:土日祝8時50分-17時20分)

 

【その他の連絡先】

●厚生労働省の電話相談窓口

・厚生労働省の電話相談窓口:電話番号0120-56-5653(フリーダイヤル)

・受付時間:9時00分-21時00分(土日祝日を含む)

●北海道の相談窓口

・北海道の電話相談窓口:電話番号011-204-5020

・受付時間:24時間

 

新型コロナウイルス感染症の発生状況

●小樽市内における発生状況は

 小樽市ホームページ「新型コロナウイルス感染症の市内発生状況」(外部サイト)でご確認ください。

 小樽市内の検査の現況については

 小樽市ホームページ「小樽市内の新型コロナウイルスの検査の現況について」でご確認ください。(外部サイト)

●道内における発生状況は

 北海道ホームページ「新型コロナウイルス感染症の道内の発生状況」(外部サイト)で御確認ください。

●全国の発生状況は

 厚生労働省ホームページ「報道発表資料」(外部サイト)で御確認ください。

●海外の発生状況は

 厚生労働省ホームページ(外部サイト)内の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等における新型コロナウイルス感染症に関する流行地域について」を検索。または、厚生労働省検疫所ホームページ「2020年の新着情報一覧」(外部サイト)でご確認ください。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために

誰でも感染するリスク、誰でも感染させるリスクがあります。咳エチケット(外部サイト)正しい手洗い(外部サイト)・消毒、人との距離をとり、3密(密集、密接、密閉)を避ける等、新しい生活様式(外部サイト)を取り入れた感染症対策を行うことが重要です。

また、風邪のような症状がある場合は、外出を控えましょう。学校や仕事を休むとともに、手洗いや咳エチケットの徹底など、感染拡大防止につながる行動にご協力をお願いします。学校や企業、社会全体における理解に加え、生徒や従業員の方々が休みやすい環境整備も大切です。テレワークや時差通勤も有効です。特に高齢の方や基礎疾患をお持ちの方は、人込みの多いところはできれば避けるなど、感染予防に御注意ください。

なお、感染拡大防止のため小樽市内の観光施設休館・イベント中止の対策が実施されている場合があります。詳しくは、小樽観光協会ホームページ「おたるぽーたる」(外部サイト)をご覧ください。

首相官邸ホームページ「新型コロナウイルス感染症に備えて(一人ひとりができる対策を知っておこう)」(外部サイト)

北海道ホームページ「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報」(外部サイト)

人との接触を8割減らす10のポイント(外部サイト)

学生の皆さんに留意していただきたい事項(外部サイト)

感染症対策(外部サイト)_咳エチケット(外部サイト)_手洗い(外部サイト)_密を避けてコロナ

●参考

 ・新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)(外部サイト)

 ・新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために(外部サイト)

 ・家庭内でご注意いただきたいこと8つのポイント(外部サイト)

 ・布製マスクの洗い方に関する動画「布マスクをご利用のみなさまへ」(外部サイト)

 

医療機関の皆様へ

受診された方で「新型コロナウイルス感染症の疑い」のある場合は、小樽市保健所へ連絡をお願いします。又、以下に挙げるような、院内での感染症対策の徹底をお願いします。

・患者、医療従事者のサージカルマスクの着用。

・診察室および入院病床はできる限り個室を利用する。

・患者の気道吸引、気管内挿管の処置などエアロゾル発生手技を実施する際には、医療従事者はN95マスクを着用する。

・患者の移動は、医学的に必要な目的に限定する。また、移動時には患者にサージカルマスクを着用させる。

小樽市保健所の連絡先

小樽市保健所健康増進課

・電話番号0134-22-3110(平日8時50分-17時20分)

・電話番号0134-22-3117(土日祝8時50分-17時20分)

【参考】

国立感染症研究所「疑似症サーベイランスの運用ガイダンス(第三版)」

国立感染症研究所・国立国際医療研究センター「新型コロナウイルス感染症に対する感染管理」(外部サイト)

国立感染症研究所「2019-nCoV(新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル」(外部サイト)

新型コロナウイルス(NovelCoronavirus:nCoV)感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領(暫定版)(外部サイト)

新型コロナウイルス(NovelCoronavirus:nCoV)新型コロナウイルス感染症の退院基準について(外部サイト)

新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)(外部サイト)

事業者・施設管理者の皆様へ

「新北海道スタイル」安心宣言(外部サイト)に取り組んでいただき、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のご協力をお願いします。手洗いや咳エチケットの英語や中国語のポスターは、厚生労働省ホームページ(外部サイト)からダウンロードできます。

●参考

新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)(外部サイト)

 

イベントの開催について

イベント等の開催については、感染拡大防止の観点から、市内や周辺地域の感染の広がり、会場の状況等を踏まえて、イベントの規模や内容、開催の必要性を十分検討するようにお願いします。また、開催にあたっては、参加者への手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、換気、密接・密集を避ける、風邪のような症状のある方には参加をしないように依頼するなど、感染拡大の防止に向けた対策をしていただくようお願いします。

 

小樽市へ往来予定の方へ

現在、国内外で新型コロナウイルスが発生しています。感染拡大防止のため、小樽市以外の地域の皆様には、居住地と本市の発生状況を踏まえて、往来の自粛の必要性をご検討いただきますようお願いします。北海道にお越しになった皆様に向けたお知らせは、北海道ホームページ(外部サイト)でご確認いただけます。

 

参考

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.