小樽潮まつり

おたる・ヘルシーメニューのシンポジウムを開催しました!

『 ヘルシーメニューのすすめ  〜カラダ改造は食事から〜 』 

平成27年2月11日(水)午後6時から8時 小樽市民センター マリンホールにて、小樽商科大学主催、小樽市・北海道新聞小樽支社共催によるシンポジウムを開催しました。 

当日は、230人の皆さんに御来場いただきました。   シンポジウムチラシ(1334.4KB

 

 講演1 呉市日下医院 院長 日下美穂 氏 「健康の大原則、減塩はもう常識!!子どもからお年寄りまでみんなで減塩環境づくり」

日下美穂氏の講演遠景 演者近影  減塩の重要性について、わかりやすく学ぶことができました。おとなだけでではなく、子どもたちが減塩について自ら学べる取組の必要性についてもお話しされました。 

 

講演2 オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國 清三 氏 「三國シェフの病院食、マンスール」

 三國シェフの講演遠景 演者近景  日本を代表する北海道出身のフランス料理の第一人者が「美しく、おいしく、心と体に優しい料理」についてお話しされました。 クリニック内レストラン ミクニ マンスールで提供している塩分2g未満、500kcal台のヘルシーメニューから、調理時の減塩の工夫や地場の食材を使うことが減塩につながることなどをお話しされました。

 

小樽市からは、秋野恵美子保健所長が 「小樽市のヘルシーメニューの現状について」 説明し、その後、小樽商科大学 穴沢眞教授の司会によるパネルディスカッション「ヘルシーメニューのすすめ」 で、さらに盛り上がりました。

 秋野所長の講演遠景 パネルディスカッション風景

秋野所長が「おたる・ヘルシーメニュー」のこれまでの取組の経緯と現状について話しました。

パネルディスカッションでは、講師から、ミルクを使ったラーメンの作り方など、道産食材の活用と減塩しながら美味しくいただける料理のヒントが紹介されたり、来場者の質問にお答えいただく場面もあり、来場者からは、「大変ためになった」という声が多数聞かれました。

    

おたる・ヘルシーメニュー事業について

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.