紅葉の小樽運河

自殺予防週間・自殺対策強化月間

自殺は、本人にとってこの上ない悲劇であり、家族や周りの方々に大きな悲しみをもたらし、社会全体にも大きな影響を与えます。

自殺は個人だけの問題ではなく、その背景にはさまざまな原因があり、自殺を減らすには市民の皆さん一人一人の取り組みが必要です。

内閣府では、自殺予防週間・自殺対策強化月間を下記のとおり定め、活動を展開しています。

小樽市保健所においても、下記の時期にあわせ、命の大切さを訴えるためのキャンペーンなどを実施しています。

 小樽市保健所こころの健康相談ちらし(PDF:121KB)

自殺予防対策ポスター

自殺予防週間(9月10日から16日)

国では、9月10日の世界自殺予防デーに因んで、毎年9月10日からの一週間を「自殺予防週間」と設定しています。

(厚生労働省ホームページ(外部サイト))

自殺予防週間では、自殺や精神疾患についての正しい知識を普及啓発し、これらに対する偏見をなくしていくこととともに、命の大切さや自殺の危険を示すサイン、また危険に気付いたときの対応方法などについて理解の促進を図ることを目的としています。

 

・自殺予防に関する情報はこちら

 

・こころの病気に関する情報はこちら

 

自殺対策強化月間(3月)

様々な悩みや問題を抱えた方々に届く「当事者本位」の施策の展開ができるよう、国の取組みが行われています。例年、月別自殺者数の最も多い3月を「自殺対策強化月間」と定めています。

(厚生労働省ホームページ(外部サイト))

この期間は、国・地方公共団体・関係団体などが連携し、重点的に広報啓発活動を展開し、当事者が支援を求めやすい環境づくりを展開することとしています。

 

・主な相談機関一覧はこちら

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.