紅葉の小樽運河

 不活化ポリオについて

 平成24年9月1日より、経口生ポリオワクチンにかわり、注射による不活化ポリオワクチンが導入されました。

 接種方法は、初回接種3回・追加接種1回となっています。

 不活化ポリオワクチンを単独で受ける場合、初回接種については生後3か月から生後12か月に達する期間を標準的な接種期間として、20

 日以上の間隔を置いて3回、追加接種については初回接種終了後12か月に達したときから18か月に達するまでの期間を標準的な接種期

 間として、1回行います。

※定期接種対象者の接種料金は無料です。


A.過去のポリオワクチン接種歴に応じた対応について

 過去に生ポリオワクチン等を接種されたことのある方については、以下のような取り扱いになります。

 1.生ポリオワクチン未接種者・・・単独の不活化ポリオワクチンを初回3回、追加1回接種

 2.生ポリオワクチン1回接種者・・・単独の不活化ポリオワクチンを初回2回、追加1回接種

 3.海外等の不活化ポリオワクチン既接種者・・・医師の判断と保護者の同意に基づき、既に接種した回数分の接種を終えたものとみな

 すことができます。単独の不活化ポリオワクチンを計4回となるよう接種

 4.生ポリオワクチン2回既接種者・・・不活化ポリオワクチンの接種は不要です


B.四種混合ワクチンとの関係について

 平成24年11月から四種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風・百日咳・不活化ポリオ混合ワクチン)が導入され、定期接種となりました。

 1.三種混合ワクチン又はポリオワクチンを1回以上接種した者については、原則として単独の不活化ポリオ

 ワクチンを使用することとなります。

 2.三種混合及びポリオワクチン未接種者については、原則として四種混合ワクチンを使用します。

※過去の接種歴に応じた対応については、四種混合ワクチンについてを御覧ください。


このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.