引っ越しに伴う家庭ごみの出し方

 引っ越しの際には、様々な家庭ごみが発生します。

 特に、日ごろ使っていない物が一度に大量に廃棄されることが多いと考えられますので、あらかじめ不要とするものを調べておき、引っ越し前に、家具などの粗大ごみは収集運搬業許可業者に、家電4品目(テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン)は家電リサイクルルートに、それぞれ出してください。

 転勤等による引っ越しに伴う家庭ごみの処分方法をまとめましたので、御活用ください。

粗大ごみの出し方

 粗大ごみとは、家庭から出される長さ1mを超えるもの、一つの重さが50kgを超えるもの、容積が0.1m(目安0.5m×0.5m×0.4m)を超えるものを言います。粗大ごみは、市では収集しませんので、収集運搬業許可業者に直接ご連絡ください。

家電4品目の出し方

 家電4品目(テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン)は、家電リサイクル法により、販売店などが回収し、リサイクルしています。

 (詳細は、家電4品目リサイクルのページをご覧ください。)

パソコンの出し方

 各メーカーなどが回収しリサイクルしています。

 (詳細は家庭系パソコンリサイクルのページをご覧ください。)

その他、市が処理しないごみ

ごみ・資源物の分け方・出し方

 ごみ・資源物の分け方・出し方のページをご覧いただき、お住まいの地区の収集日に出してください。

引っ越し日の都合で、収集日に出せない時は

 引っ越し日の都合で収集日に出せない、ごみの量が多くて保管場所がないといった場合には、以下の方法があります。

燃やすごみ、燃やさないごみ

 「小樽市指定ごみ袋」に入れた「燃やすごみ」および「燃やさないごみ」を、事前予約の上、自己搬入することができます。

 (詳細は、ごみの自己搬入についてのページをご覧ください。)

資源物

 資源物は、市内5カ所に設置している資源回収ボックスをご利用ください。

 (詳細は資源回収ボックスのページをご覧ください。)

 

無許可の不用品回収業者を利用しないでください

 料金を取って家庭から出る不用品を回収するには、一般廃棄物収集運搬業の許可が必要です。産業廃棄物処理業の許可、古物営業の許可、貨物運送事業の許可では回収できません。

 家庭から出るごみを処分するときに、法令に定める許可を持たない回収業者に依頼すると、ごみが適正に処理されなかったり、高額な処理料金を請求される恐れがあります。

 家庭から出る粗大ごみなどの不用品の処分を業者に依頼するときは、無許可の不用品回収業者を利用せず、市から許可を受けている収集運搬業許可業者をご利用ください。

 小樽市の収集運搬業許可業者

 廃家電や粗大ごみなど、廃棄物の処分に「無許可」の回収業者を利用しないでください!(環境省HP)(外部サイト)

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.