旭橋の朝日

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための軽自動車税(種別割)の取扱い

軽自動車(三輪以上の軽自動車に限ります。)の保有関係手続に関し、例年3月末に窓口での申請手続きが集中する傾向にあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から窓口の集中を回避するため、令和2年4月1日を賦課期日とする軽自動車税(種別割)に限り、次のとおり取り扱います。

新型コロナウイルス感染症の流行を早期に終息させるためにも、ご理解とご協力をお願いします。

 

 【課税上の取り扱い】

三輪以上の軽自動車について、3月中に廃車や使用停止を伴う所有権変更が行われ、当該事由が発生してから15日以内に所定の手続きがなされたと確認できた場合には、当該手続及び税申告が令和2年4月以降であっても3月中に事由が発生したことを前提として課税処理を行います。

(注)対象となる手続き等詳細につきましては、軽自動車検査協会ホームページでご確認いただくか、お近くの軽自動車検査協会主管事務所又は各支所までお問い合わせください。

 

軽自動車検査協会ホームページ(外部サイト)

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.