紅葉の小樽運河

65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料

65歳以上の方(第1号被保険者)の介護保険料は所得に応じて以下の段階に分かれており、3年に一度見直されます。

介護給付費と65歳以上の方の保険料

高齢化が進むなどの理由によって介護保険のサービスを利用する方が増えると、それに伴って介護保険給付費も増加します。

介護保険料は3年に一度見直しを行うことになっており、平成30年度からは見直し後の新たな介護保険料が適用されることになります。

65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料を決めるとき、小樽市は介護サービスを利用する方がどのくらいいるのか、また、その方たちがどの程度のサービスを利用するのかを推計し、それに対応した介護サービスを確保するために必要な総事業費を算出します。

その額から公費負担分などを差し引いた額を65歳以上の方の人数で割り、65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料を求めています。

介護サービスが充実し、多くの方がサービスを利用するようになると、それにかかる費用も増えますので、保険料は上がるしくみとなっています。

平成30年度からの小樽市の介護保険料は表のとおりです。

表:65歳以上の方の保険料の求め方

<介護保険料の求め方>

介護サービスにかかる費用
(利用者負担分を除く)

×

65歳以上の方の

負担分(23%)

 

÷

収納率

÷

65歳以上の方の
補正人数

 

介護保険料の
基準額(年額)

小樽市:71,880円

 

小樽市の所得段階別の介護保険料

「基準額(71,880円)」をもとに皆さんの所得などに応じて段階的に決められます。

<所得段階別の保険料>

所得段階 対象者 保険料率

平成31年度からの保険料年額

※()内は月額換算

第1段階

・本人および世帯全員が市民税非課税で、

前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の方

・生活保護を受けている方
・世帯全員が市民税非課税で、老齢福祉年金を受けている方

基準額×0.375

26,960円

(2,246円)

第2段階

第1段階対象者以外の

本人および世帯全員が市民税非課税で、
前年の合計所得金額+課税年金収入額が120万円以下の方

基準額×0.545

39,170円

(3,264円)

第3段階

第1段階対象者以外の

本人および世帯全員が市民税非課税で、

前年の合計所得金額+課税年金収入額が120万円を超える方

基準額×0.725

52,110円

(4,342円)

第4段階

本人が市民税非課税で、

前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の方

(世帯内に市民税課税者がいる場合)

基準額×0.9

64,700円

(5,391円)

第5段階

本人が市民税非課税で、
前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円を超える方

(世帯内に市民税課税者がいる場合)

基準額

71,880円

(5,990円)

第6段階 本人に市民税が課税されていて、
前年の合計所得金額が125万円未満の方

基準額×1.2

86,260円

(7,188円)

第7段階 本人に市民税が課税されていて、
前年の合計所得金額が125万円以上200万円未満の方
基準額×1.3

93,450円

(7,787円)

第8段階 本人に市民税が課税されていて、
前年の合計所得金額が200万円以上290万円未満の方
基準額×1.5

107,820円

(8,985円)

第9段階 本人に市民税が課税されていて、
前年の合計所得金額が290万円以上360万円未満の方
基準額×1.6

115,010円

(9,584円)

第10段階 本人に市民税が課税されていて、
前年の合計所得金額が360万円以上の方
基準額×1.8

129,390円

(10,782円)

注:「月額換算」は年間保険料額を12で割った額です。納期毎に納めていただく金額とは納期数等により異なります。

 また、円未満の端数を切り捨て処理した金額を表示しています。

 第1段階から第3段階は消費税率引上げに伴う公費軽減実施後の料率と金額を記載しています。

 

「40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)の保険料」へ

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.