スウェーデン芸術祭

生活支援体制整備事業

「小樽市生活支援体制整備事業」とは

 平成27年度の介護保険制度改正によって、介護予防給付の一部である介護予防訪問介護及び通所介護は、市が地域の実情に応じた取組を行うことができる「介護予防・日常生活支援総合事業」へと移行されることとなり、ボランティアなど地域の多様な主体を活用しながら、高齢者を支援していくこととなりました。

 小樽市では、地域住民が主体となった生活支援・介護予防サービスの充実が図れるよう、「小樽市生活支援体制整備事業」を実施し、地域の互助を高め、地域全体で高齢者の生活を支える体制づくりを進めます。

 

「生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)」と「協議会」について

 高齢者の生活支援・介護予防サービスの体制整備を推進していくことを目的とし、地域における、生活支援等の体制整備に向けた調整役として、「生活支援コーディネーター」を配置しました。また、地域で高齢者を支援する関係者間のネットワークづくりを目的とし、定期的な情報共有・連携強化の場として「協議会」を設置しました。

小樽市全域を担当とする第1層生活支援コーディネーターは小樽市社会福祉協議会に、地域包括支援センターごとの圏域を担当とする第2層生活支援コーディネーターを地域包括支援センターに配置し、活動しています。

 

生活支援コーディネーターと協議会の説明図。市全域を担当する第1層と、日常生活圏域を担当する第2層が、情報共有をし協力して、地域全体で高齢者を支える体制づくりを地域の方とともに進めます。

 

 

 「小樽市生活支援体制整備事業」では、「生活支援コーディネーター」が「協議会」のネットワークを活かし、住民主体のサービスが活発化されるよう、地域全体で高齢者を支える体制づくりを地域の方とともに進めます。

 

生活支援コーディネーターリーフレット(PDF3.61MB)

 

広報おたる平成30年6月号小特集(PDF556KB)

 

生活支援体制整備事業講演会

生活支援体制整備事業に関する講演会を開催しています。

 

生活支援体制整備事業講演会(詳細はこちら)

みんなでつくる地域のお役立ち手帳

生活支援コーディネーターが協力して、「みんなでつくる地域のお役立ち手帳」を作成しました。

 

お役立ち手帳については小樽市社会福祉協議会ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.