小樽ゆき物語

在宅医療・介護連携

在宅介護・医療連携の推進

  • 医療ニーズと介護ニーズを併せ持つ高齢者を地域で支えていくためには、居宅等において提供される訪問診療等の医療(在宅医療)の提供が、地域包括ケアシステムの不可欠の構成要素になります。
  • 在宅医療の提供を含む包括ケアシステムを日常生活圏域の中でこれまでの生活と継続性をもって実現するためには、各々のかかりつけ医がその力を在宅医療の分野で十分に発揮することが重要であり、多くのかかりつけ医の参画を得られるよう、市町村が地域医師会等と協働することにより、多面的な提供体制を整えることを目標とします。

在宅医療・介護連携の推進各機関の連携体制の構築支援

出典:在宅医療・介護連携推進事業について(厚生労働省:外部サイト)

冊子(よりよい在宅療養をめざして)が完成しました!

小樽病診連携グループの活動や、地域包括支援センター等の寄稿をまとめた冊子が

出来ました。

よりよい在宅療養をめざして(PDF8.08MB)

 

※印刷された冊子を希望の方は、切手140円分を同封し高村内科医院(赤岩1-15-14)まで

送付を依頼してください。

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.