小樽ゆき物語

名義後援について

 

各種大会、イベント等に、小樽市教育委員会の「後援」名義の使用を希望される場合は、以下の事項に留意し、申請してください。

 

「小樽市教育委員会後援承認等に関する要綱」(PDF132KB)

 

なお、「後援」とは、各種大会、イベント等の事業の趣旨に賛同し、その開催における名義使用及び市民への事業周知の協力等により援助することをいい、金銭の支援は行わないものとします。

 

後援が承認されると・・・

・後援の承認を受けた後は、ポスターやチラシ等に「後援小樽市教育委員会」と記載することができます。

・後援を受けたイベントのポスター等を、教育委員会庁舎や教育委員会の所管する施設(図書館、文学館、美術館、総合博物館、総合体育館、生涯学習プラザ)に掲示することができます。

 

後援の対象

後援の対象となる事業は、その目的及び内容が、明確に教育、文化、スポーツ等の普及向上に寄与すると認められる事業です。

 

後援不承認基準

次に該当する事業については、後援いたしません。

1.政治活動や宗教活動を主たる目的として行われるもの

2.法令又は公序良俗に反するもの

3.営利活動を主たる目的とするもの

4.開催地が市内ではないもの(ただし、特別な理由があると認められる場合を除く)

 

申請方法

「後援承認等申請書」に必要事項を記入し、各担当課まで提出してください。(持参、郵送、FAX、電子メールいずれも可)

※場合によっては、その他の資料の提出を求める場合があります。(例:団体概要、プロフィールなど)

※申請後に内容を精査し、承認が決定された場合は、「後援承認等決定通知書」にて通知いたします。

※通常、後援承認の決定まで2週間程度かかります。

 

後援承認申請についてのQ&A

Q.不承認となる「政治活動」又は「宗教活動」とはどのようなものですか?

A.「政治活動」とは、政治上の目的をもって行われるすべての行為、政治上の主義若しくは施策を推進し、支持し、若しくはこれに反対し又は候補者を推薦し、支持し、若しくはこれに反対することを目的として行う行為をいいます。

 また、「宗教活動」とは、宗教的理念動機に基づく活動で、宗教の布教、強化、宣伝等を目的とする行為をいいます。

 

Q.不承認となる「営利活動を主たる目的とする」事業とはどのようなものですか?

A.「営利活動を主たる目的とする」とは、利益を上げることを目的として、物品を販売したり、入場料を徴収して興行などをすることをいいます。

 (例:実費以上の入場料等を徴収する物品販売等を目的とする団体関係者の著書等の販売会など)

 

Q.開催地が市外であっても、後援が承認される「特別な理由」とはどのようなものですか?

A.小樽市民が参加することが可能である近隣市町村で開催され、開催地の教育委員会の後援を得ている事業などです。

 

Q.個人でも申請できますか?

A.できません。申請することができる者は、団体に限ります。

 

Q.「小樽市」の後援についても、同一の申請書で申請することはできますか?

A.できません。「小樽市」の後援申請についてはこちらを参照ください。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.