祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

就学援助制度の申請手続について

申請手続

  • 援助を希望される方は、必要な証明書類を添付の上、「就学援助費申請書」を提出する必要があります。
  • 申請は毎年度必要となります。継続される場合にも提出が必要です。
  • 申請書は、新入生には10月上旬、在校生には1月下旬に学校を通じて全員に配布します(小学校に入学予定の方には郵送)。
  • 教育委員会でも配布しているほか、ホームページからもダウンロードできます。

【令和2年度分】

||就学援助申請についてはこちら||申請書のダウンロードはこちら||申請書の記入例はこちら||

新型コロナウイルス感染症の拡大防止等による学校臨時休業に伴う対応として、令和2年6月30日まで当初申請期間を延長いたします。

就学援助費申請書の提出先と提出期限

提出先

(いずれか1か所)

提出期限
  • 在籍する小・中学校
  • 教育委員会学校教育支援室

令和2年6月30日(火)

上記の期限までに申請書を提出し認定となった方は、原則として令和2年4月1日付の認定となります。

◆小学校・中学校のそれぞれに兄弟・姉妹がいる方は、どちらかの学校に申請書を提出してください。

◆虚偽の申請があった場合は、支給費用を返還していただく場合がありますので、正確に記入してください。

◆必要に応じ、申請内容の確認や資料の追加提出をお願いする場合がありますので、あらかじめ御了承ください。

◆上記提出期限を過ぎて申請をする場合や、失業など世帯状況が変わり新たに申請をする場合は、随時申請を受付しておりますが、この場合、申請日の属する月からの認定となり、援助費目によっては、支給対象とならない場合があります。

 

申請書に必要な証明書類

申請には、所定の申請理由に応じて証明書類の添付が必要になります。

申請理由や必要な証明書類については、申請書裏面に記載されています。

証明書類の提出がなければ、申請が無効となる場合がありますので御注意ください。

 

1.所定の申請理由に該当する方

(申請書裏面1~8のいずれかに該当する方)

  • 申請書裏面の該当する番号を〇で囲み、必要な証明書類を添付してください。

 

2.その他、経済的に困窮している方

(申請書裏面の1~8のいずれにも該当しない方)

  • 平成31年1月1日現在、小樽市に住民票がある方は証明書類の添付は不要です。
  • 平成31年1月1日現在、小樽市に住民票がない方は「令和元年度(平成31年度)所得・課税証明書」を添付してください。

 ※ただし、令和2年6月以降の申請には、「令和2年度所得・課税証明書」の添付が必要となります。

  • 所得の申告をしておらず、他の家族の被扶養者となっていない方は、市民税課(市役所別館2階22番窓口)にて所得の申告を行ってください。

 

問合せ先

学校教育支援室(教育推進グループ)

  • 小樽市花園5丁目10番1号
  • 電話32−4111(内)526
  • ファクス33−6608
  • メールアドレス:gakko-kyoiku@city.otaru.lg.jp

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.