天狗山からの風景(天狗桜)

小樽市立小中学校施設について

小樽市立小中学校施設一覧

 小樽市立小中学校施設一覧はこちらよりご覧ください。

 

小樽市小中学校施設の耐震化について

 小樽市立小中学校施設は、校舎と屋体を合わせて合計75棟(注1)あります。このうち、建築基準法の新耐震基準施行以前(昭和56年以前)に建築された棟数は34棟、新耐震基準施行後(昭和57年以降)に建築された棟数は41棟あります。補強が不要の棟と補強を行った棟は20棟あり、耐震化された棟数は合計61棟で、平成30年4月1日時点で耐震化率は81.3%となっています。

 小樽市教育委員会では、耐震化整備を推進するため「耐震化優先度調査」、「耐震診断」を実施しましたので、その結果をお知らせします。

 

※注1

 この棟数は、文部科学省の公立学校施設耐震改修状況調査の調査対象となる非木造の2階以上または延べ床面積200m2超の建物を対象としております。

1.耐震化優先度調査

 平成16・17年度に全小中学校で実施しました。その結果が小樽市立小中学校施設の耐震化優先度調査一覧表です。

 

 小樽市立小中学校施設の耐震化優先度調査一覧表

 

※耐震化優先度調査は、耐震診断を実施する際の事前調査であり、この結果だけで耐震性能が低いと判断することはできません。

 

2.耐震診断(第2次診断〜建物の耐震性能を詳細に評価する診断方法)

 平成20年度から平成23年度及び平成26年度に耐震診断を実施しております。診断結果については下記のリンク先をご覧ください。

 

 学校耐震診断結果一覧

 

小樽市立小中学校施設整備計画

 義務教育諸学校等の施設費の国庫負担等に関する法律第12条第4項の規定に基づき、小樽市立小中学校施設整備計画を公表します。

    

施設整備計画の事後評価について

安全・安心な学校づくり交付金交付要綱第8条第1項の規定に基づき、平成21年度小樽市立小中学校施設整備計画の事後評価を公表します。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.