祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

小樽市通学路安全推進会議

小樽市通学路安全プログラムの策定

 平成24年に全国で登下校中の児童生徒が死傷する事故が相次いで発生したことから、小樽市では同年7月から8月にかけて、各小学校の通学路において関係機関と連携して緊急合同点検を実施し、必要な対策内容についても関係機関で協議してきました。

 今後も市内小中学校の通学路の安全確保に向けた取組みを行うため、「小樽市通学路安全推進会議」を設置し、通学路の安全確保に関する取組みの方針を定めた「小樽市通学路安全プログラム」を策定しました。
このプログラムに基づき、関係機関の連携のもとで通学路の安全確保を図っていきます。

 小樽市通学路安全プログラム(PDFファイル/151KB)

 

通学路の合同点検について

 平成30年5月に新潟市で下校中の児童が殺害された痛ましい事件を受け、文部科学省、警察庁、厚生労働省、国土交通省の4省庁が連携し、登下校時における児童生徒の安全を確保する取組を行うよう通知が出されました。

 学校が交通安全、防災、防犯の観点から抽出した通学路の危険箇所のうち、複数機関による確認・協議が必要な箇所について、学校、警察、道路管理者、市、教育委員会による合同点検を行い、考えられる対策等を取りまとめましたので公表いたします。

【点検結果・対策内容】

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.