祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

卒業記念硝子製作体験

ガラスの飲み口を広げている様子

本市は古くから北海道開拓の拠点として栄え、なかでも前浜で漁獲されたニシンは、北前船などにより本州へ輸送されてきました。そのニシン漁に利用されたガラスの浮き玉は、ニシン漁の衰退とともに工芸品へと用途を変え、現在の「硝子の街小樽」の礎となりました。

こうした歴史を持つ本市の工芸ガラスは観光客の皆様からの評価も高く、土産物や贈答品としての需要が多い状況にありますが、残念ながら市民の皆様の日常生活に溶け込んでいるとは言い難い状況にあります。

そこで本市では、ガラス業界と連携して卒業記念硝子製作体験実行委員会を組織し、小樽のガラスについてより深く知っていただくため、小学校を卒業する児童の皆様に、小樽の伝統産業であるガラス工芸の製作を実際に体験していただく事業を実施しています。

 

 

「知ってる?硝子の街小樽」(PDF554kb)

 

 

対象者

 令和2年3月に卒業を迎える市内小学生及び引率の教員

 

(これまでの実績)

・平成24年度:758名(体験率78.9%)

・平成25年度:778名(体験率81.4%)

・平成26年度:831名(体験率87.3%)

・平成27年度:754名(体験率85.0%)

・平成28年度:742名(体験率90.4%)

・平成29年度:743名(体験率90.7%)

・平成30年度:799名(体験率98.6%)

 

     

実施期間

 令和元年6月1日(土)〜令和2年2月29日(土)

 

実施工房

以下の9工房の中から、学校ごとに指定いたします。

窯で熱せられるグラス

実施工房一覧
工房名 住所 電話番号
小樽市祝津3丁目8番地 0134-61-1213
小樽市色内2丁目1番19号 0134-32-7880
小樽市色内2丁目14番10号 0134-31-2950
小樽市稲穂3丁目11番4号(小樽中央卸市場内) 0134-27-6475
小樽市色内1丁目6番26号

0134-25-0101

小樽市色内1丁目1番7号 0134-27-4484
小樽市最上2丁目16番16号

0134-33-9390

小樽市天神1丁目13番20号 0134-25-1415
小樽市朝里川温泉2丁目692番地24 0134-54-5004

 

体験内容

吹きガラスによるグラスの製作

※製作したグラスは、後日、学校を通してお渡しします。

 

申込み

  • 小学校ごとに異なりますので、下記事務局までお問合せください。

 

お問合せ

卒業記念硝子製作体験実行委員会事務局

(小樽市産業港湾部産業振興課内)

  • 〒047-8660小樽市花園2丁目12番1号
  • 電話0134-32-4111内線263
  • ファクス0134-33-7432

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.