小樽ゆき物語

「子どもの権利条約」について

 

 「子どもの権利条約」は、18歳未満の児童(子ども)の基本的人権を守るため、国際連合が1989年に定めた条約です。

 日本では1994年にこの条約を批准し、以来様々な取り組みが行われています。

 

「子どもの権利」とは?

 

 この条約によれば、子どもは生まれながらにして様々な「権利」を持っているとあります。

 では、その「子どもの権利」とは、どのようなものでしょうか?

 

 1 生きる権利

  治療すれば治る病気や防ぐことが出来る病気で命を奪われないこと

 2 育つ権利

  教育を受けること、また休んだり遊んだり出来ること

  自由な考え方のもとで育つこと   

 3 守られる権利

  あらゆる種類の虐待や搾取から守られること。

 4 参加する権利

  自分の意見を自由に表明したり、グループを組んで自由に活動を行うことができること

 

 

 

 この条約について、子ども向けのパンフレットを作成いたしました。

 下記からご覧いただけます

 

 【「こどものけんり」ってなんだろう?】(小学生向けパンフレット) 

 

 「子どもの権利条約」リーフレット(中学生・高校生向け) 表紙

 「子どもの権利条約」リーフレット(中学生・高校生向け) 条文解説

 (A3サイズで両面に印刷し、二つ折りでご活用ください)。

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.