祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

子育て世代包括支援センターの名称募集について

子育て世代包括支援センターとは

 令和2年9月に小樽市保健所に開設する、妊娠期から子育て期を対象とした相談施設です。

 妊娠期から子育て期に至るまでの切れ目ない支援を提供するため、妊娠、出産及び子育てに関する相談に応じるワンストップ拠点になることを主な目的として設置します。

 専門職(保健師)を配置し、お子さんと一緒でも安心してゆったり相談できるスペースづくりにも配慮し、遊びながら相談できる開放日も設定する予定です。

応募について

<募集内容>

小樽市子育て世代包括支援センターの名称に求めるコンセプトは次のとおりです。

1わかりやすく、呼びやすいもの

2子育て世代の施設として、親しみやすく、やさしいイメージのもの

<応募資格>

小樽市に在住している方

<募集期間>

令和2年8月1日(土)から令和2年8月14日(金)(令和2年8月14日消印有効)

<応募方法>

・応募用紙に必要事項及び応募する名称とその理由(意味や思いなど)を記入の上、郵送、FAXまたはE-mailにてお送りください。

 ・応募はおひとり1作品までとします。

 <必要事項>

 郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、名称とその理由(意味や思いなど)

 ・応募用紙はこちらからダウンロードできますが、任意の様式でも構いません。Word(18KB)PDF(225KB)

 <提出先>

 郵送〒047‐0033小樽市保健所富岡1丁目5番12号小樽市保健所健康増進課名称募集担当

 FAX0134‐22‐1469

 E‐mailkenko@city.otaru.lg.jp

選考方法

 応募基準を満たしたもののうち、下記のとおり選考し、有効票を最も多く集めたものを名称として採用する。

 <選考期間>

 令和2年8月24日(月)から8月28日(金)

 <選考方法>

 小樽市子育て支援アプリ「母子モ」によるWeb投票(母子モについてはこちらをご覧ください)

 市ホームページ内でのWeb投票

 小樽市保健所内に投票箱を設置

 留意点:1人1回のみの投票とする。

 <表彰>

 名称として採用された応募者に対し、小樽市子育て世代包括支援センターオープニングセレモニーにて表彰する。

 

取扱いと注意事項

・応募作品の返却はいたしません。

・受賞作品の知的財産に係る一切の権利は、小樽市保健所に譲渡するものとします。その場合、受賞者の著作者人格権を行使しないものとします。

・応募作品は、自作・未発表で、第三者が有する著作権等の権利を侵害しないものに限り、この規定に違反していることが判明した場合は、結果発表後であっても、受賞を取消します。

・万が一著作権その他権利侵害の責任が問われた場合、小樽市保健所はその責任を一切負わないものとし、その責任・解決は、すべて応募者の責任において対応することとします。また、受賞作品がすでに発表されているものと同じ、あるいは酷似していること等が判明した場合には、受賞を取消す場合があります。

・受賞作品の使用にあたっては原案を尊重しながら修正を加えさせていただく場合があります。

・送付中の事故で作品が届かない場合や不可抗力の事故および何らかの障害で届かない場合、小樽市保健所は一切の責任を負いません。

・この要項に取り決めのない事項については、小樽市保健所の判断により決定します。

・受賞の決定、発表は、令和2年9月上旬を予定しています。受賞された方には直接通知するほか、小樽市のホームページの掲載により公表します。

・応募者の個人情報は、審査事務の必要な範囲にのみ使用し、他には使用しません。なお、受賞された方の氏名については公表いたします。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.