妊娠したら?

母子手帳(母子健康手帳)の申請

母子健康手帳はお子さんの健康の大切な記録になります。
診てもらっている病院・医院などで妊娠届出書をもらい、下記の場所にお持ちになると、市内に住民登録のある方に母子手帳と各種お知らせなどを交付いたします。

申請に必要なもの

妊娠届出書・妊娠連絡票
(妊娠連絡票は各サービスセンターでもご用意しています。妊婦さん自身が記入してください。)

申請場所

 

交付するもの

妊娠中から使うもの

  • 母子健康手帳(母子手帳カバー)
    • ※母子手帳は市内に住んでいる方であれば、住民登録がなくても交付します。
  • 妊婦一般健康診査受診票
  • 妊婦超音波検査受診票
  • マタニティマークキーホルダー
  • 小樽市保健所からのお知らせ
  • 各種お知らせ
  • その他副読本

 

出産後に使うもの

 

家庭訪問

安心してお産が迎えられるよう保健師や助産師が下記の方へ家庭訪問しています。

  • 妊婦の方(20歳未満または35歳以上で初めて出産される方、妊娠高血圧症候群など不安のある方など)
  • お子さんの生まれた全てのお宅
  • 医療機関等より連絡のあった方
  • 相談などをご希望される方

 

健康相談をおうけします

教室に参加してみませんか?

母親・両親教室、離乳食講習会などの教室に参加しましょう。

お父さんも参加できる教室や、妊娠期からの友達づくりなどの教室もあります。

 

妊婦一般健康診査

妊婦健診を定期的に受信しましょう。妊婦健診のページをご覧ください。

主治医と相談の上、必要な時期にお受けください。

小樽市では、妊婦一般健康診査の受診票(14回分)と妊婦超音波検査受診票(6回分)を交付しています。

 

赤ちゃんをたばこの煙から守りましょう

 小樽市では、ホームページなどでおいしい空気の施設をお知らせしています。

 公共施設において、禁煙・分煙の取組をしている機関を掲載していますので、ぜひ御覧ください。

 おいしい空気の施設推進事業

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.