小樽ゆき物語

障害福祉サービスの体系

 

従来

(平成18年10月まで)

 

 改訂後

(平成26年4月現在)

現行の居宅サービス

ホームヘルプ(身・知・児・精)
デイサービス(身・知・児・精)
ショートステイ(身・知・児・精)
グループホーム(知・精)

現行の施設サービス

重症心身障害児施設(児)
療護施設(身)
更生施設(身・知)
授産施設(身・知・精)
福祉工場(身・知・精)
通勤寮(知)
福祉ホーム(身・知・精)
生活訓練施設(精)

●介護給付

●訓練等給付

※この他のサービスとして、地域生活支援事業
含まれるも のがあります。

 

  • 施設サービスは、5年間の経過措置期間内に移行します。
  • 障害児施設サービスについては平成18年10月より措置制度から契約制度に変わります。
  • 表中の「身」は「身体障害者」、「知」は「知的障害者」、「精」は「精神障害者」、「児」は「障害児」です。

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.