市立小樽美術館

小樽の美術と美術館の概要

小樽の美術

<幕開け>

 小樽出身の画家として最もはやく活躍したのは、日本画家、筆谷等観である。筆谷は1875(明治8年)年小樽に生まれ、東京美術学校(現東京芸術大学)に学び、橋本雅邦に師事、再興日本美術院同人として活躍した。

 洋画では、1909(明治42)年、東京美術学校に在学中の、長谷川昇、小寺健吉、工藤三郎の3人が羊蹄画会を結成し、小樽で第1回展を開催している。卒業後、長谷川は春陽会の創立に参加、小寺、工藤は、文展で活躍するが、工藤はヨーロッパ留学後、小樽に留まり後進の指導に努めた。また、このころ、日本水彩画会、二科展にかかわったひらさわたいしょうや山内弥一郎が小樽に住み、1914(大正3)年に庁立小樽中学校(現・小樽潮陵高校)の白潮会第1回展を開催するなど、美術に関心を抱く若者たちが増え始めた。

等観

筆谷等観星籟1925年

▲筆谷等1925年

鮮治

三浦鮮治岩影1954年

▲三浦鮮1954年

長谷

長谷川昇幼児像

▲長谷川幼児像

 

<小樽美術の発展>

 三浦鮮治は、小樽の洋画を育んだだけではなく、北海道美術に大きく貢献した。三浦は実弟の兼平英示とともに、1916(大正5)年、小樽洋画研究所を開設。中野五一、中村善策らが学んだこの研究所は、第8回研究所展のころには当時の北海道美術界の一大拠点となっていた。その後、この研究所員によって公募展設立の機運が高まり、大月源二の命名により太地社が結成された。同人展として出発した太地社は第5回展には待望の公募展となり、全道から500点を越える作品を集め注目を浴びた。太地社の動きと前後して、こうした公募展設立の動きは全道でひろがり、研究所と札幌の画家たちを中心に、1925(大正14)年、北海道美術協会(道展)が結成され、大役を果たし終えたかたちで太地社は、第6回展を最後に幕を閉じた。

 1930(昭和5)年になると、三浦鮮治のもとに国松登、小竹義夫ら、のちの北海道画壇を担う若い画家が集まり、再び、洋画研究所が開設され裸童社と名付けられた。また1929(昭和4)年ころには成田玉泉が光土社を結成、金子誠治、棟方志功らが出品している。以後、地元画家による青年美術協会(昭和10)、小樽洋画研究所出身で中央画壇で活躍する画家が結成した北方美術協会(昭和11)、版画の新しい流れをくんだ小樽創作版画協会(昭和13)などの動きがあったが、時局は次第に戦争へと傾き、美術界も自由な活動が難しい時代になった。

 戦後の混乱のなか、1947(昭和22)年、小樽市は道内にさきがけて小樽市美術展(市展)を開催した。また1948(昭和23)年には、宮崎信吉を会長とした小樽水彩画会が発足、本格的な美術活動復活の端緒となった。そして現在も、新たな創作活動が続いている。

 

概要

 北海道の中心部に位置し天然の良港に恵まれた小樽は、早くから北海道開発の拠点として発展した。特に明治から大正、昭和初期にかけて、石炭の積出などを扱う港湾を中心に活発な経済活動が展開され、北海道を代表する商都として繁栄した。これに呼応するかのように美術、文学など様々な分野に優れた業績を残した作家を輩出している。

 こうした先達の足跡を紹介し、美術文化向上のために、昭和54年小樽美術館設立期成会が発足、期成会の手により小樽市分庁舎2階を改装し、昭和54年8月19日市立小樽美術館が開館した。

 美術館では、小樽にゆかりのある美術家の作品を中心に調査、収集、保存、展示するとともに、特定のテーマに基づいた特別展を開催、また美術講座、美術散歩を実施している。

美術館施設

中村善策記念ホール 1階 (昭和63年10月開設)
  • 日本を代表する風景画家中村善策の作品・資料を紹介
一原有徳記念ホール 3階 (平成23年4月開設)
  • 日本を代表する版画家一原有徳の作品・資料を紹介
企画展示室 2階 (昭和54年8月開設)
  • 小樽ゆかりの作家の作品を中心に展示
市民ギャラリー・多目的ギャラリー 1階

(昭和54年9月開設)

(平成23年1月改修)

  • 市民による美術展等の行事に使用

 

美術館利用のご案内

休館日

  • 月曜日・祝日の翌日(ただし土・日の場合は休まず振替となります)
  • 年末年始(12月29日〜1月3日)

開館時間

  • 9:30〜17:00(入館は16:30まで)

アクセス

◇JR小樽駅から徒歩でおよそ10分市立小樽美術館への地図(JR小樽駅より徒歩10分ほど)

(国道5号線を札幌方向へ進み、産業会館の交差点を海側方向へ左折。手宮線跡地及び日銀金融資料館の近くです)

◇中央バス「本局前」バス停から徒歩でおよそ5分

◇無料駐車場(約20台)が利用できます。

  • 駐車場は施設の海側にございます。
  • イベント開催時などの混雑時はご利用いただけない場合があります。(近隣の有料駐車場をご利用ください)
  • 障がい者用駐車場をご利用の方は職員にお知らせください。

 

観覧料

企画展

◇共通観覧券・・・同一の日に限り、美術館・文学館を観覧できます。

  • 一般500円(400円)
  • 高校生250円(200円)
  • 市内にお住まいの70歳以上の方250円(200円)

◇普通観覧券・・・美術館のみ観覧できます。

  • 一般300円(240円)
  • 高校生150円(120円)
  • 市内にお住まいの70歳以上の方150円(120円)

※()内は20人以上の団体料金です。

※中学生以下の方は無料です。

身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介護者の方は無料です。

 

特別展

 

関連サイト

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.