祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

市立小樽美術館

市民ギャラリー・多目的ギャラリー

市民の皆さんの文化芸術活動の発表の場として、美術館1階に市民ギャラリー・多目的ギャラリーを開設しています。

市民ギャラリー

絵画・彫塑などの美術作品、写真、書、いけ花といった文化芸術作品の展示ができます。

市民ギャラリー1(62.4平方メートル)と市民ギャラリー2(93.6平方メートル)の2室があり、どちらか一方の使用はもちろん、2つ合わせて使用することもできます。

多目的ギャラリー

市民ギャラリーと同じく文化芸術作品の展示のほか、踊り・ダンス、ミニコンサートなどの使用もできます。

また、展示壁面の一部は可動式パネルとなっており、パネルを移動することで自然採光を取り入れることも可能です。

面積は156平方メートルで、市民ギャラリー1・2と合わせて使用することもできます。

ご利用にあたって

 

ギャラリーのご利用にあたって
ご利用できる方 小樽市内に在住の方、小樽市内にお勤め(通学)されている方、小樽市内の文化芸術グループ等に所属して活動されている方などがご利用できます
利用日

基本的には火曜日に搬入・展示作業を行い、水曜日〜日曜日を公開日とし、日曜日の午後5時までに撤収・搬出作業を完了していただきます

(ただし、祝日などの関係で、上記の日程とならない場合もあります)

利用時間 午前9時30分から午後5時までの間で設定していただきます
入場料等 入場料を徴収することはできません
作品の販売等 原則的に、展示作品ならびに展覧会に関係する図録等の販売はできません

 

申込方法

毎年4月初旬と10月初旬に一括受付日を設定しています。

これは、使用希望日が重複した場合に抽選や協議をおこなうためです。

なお、一括受付日に使用日程が決まった後の申込は随時受け付けておりますので、「市民ギャラリー等使用申請書」を美術館1階事務管理室に提出してください。

※一括受付日は広報おたるにてお知らせしております。

※電話・口頭による受付は行なっておりません。

抽選会(一括受付日)
 一括受付日  使用しようとする時期
 4月初旬  その年の10月から翌年の3月まで
 10月初旬  翌年の4月から9月まで

使用料

使用しようとする日の前日までに、下記の料金に使用日数を乗じた額の使用料をお支払いください。

なお、おおむね11月1日から4月30日の期間は暖房料が加算されます。

ギャラリー使用料
使用施設 使用料(1日あたり)

暖房料(1日あたり)

市民ギャラリー1  1,800円  580円
市民ギャラリー2  2,700円  880円
多目的ギャラリー  4,500円  1,460円

展示内容等のご案内

ギャラリー平面図

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.