祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

特別展・企画展のお知らせ

お知らせ

令和元年8月20日(火)から8月23日(金)は、展示替えのため休館させていただきます。

 

企画展_Deep小樽展『写真を読む』

趣旨

小樽写真研究会の結成30周年を記念し、会員がこれまで小樽の地区をテーマとして 20年以上チラシ表面

撮り続けてきた奥沢・旧オタルナイ(勝納・信香・住吉・若松・住之江)・ 高島・手宮・末広・石山・手宮線(手宮~南樽)・水天宮界隈(堺・山田・東雲)・ 花園・オタモイ・富岡・緑・稲穂・色内・港町・潮見台・真栄・入船・住ノ江・天神・ 清水・梅ヶ枝の写真をさまざまな方法で展示し、観光や学術的価値だけでははかれない 小樽の「Deep」な魅力を探っていく。

 

チラシ表面(PDF210KB)は、こちらからご覧ください。

チラシ裏面(PDF493KB)は、こちらからご覧ください。

 

会期

令和元年8月24日(土)から令和元年9月29日(日)

 

会場

市立小樽文学館展示室

 

関連事業

ギャラリートーク

「写真を読むvol.1」

日時:令和元年9月15日(日)午後2時から3時

会場:市立小樽文学館展示室

料金:入館料のみ

講師:高橋秀明氏(詩人)・山田航(歌人)

 

「アートと写真」

日時:令和元年9月15日(日)午後3時から4時

会場:市立小樽文学館展示室

料金:入館料のみ

講師:中島洋(シアターキノ代表)・端聡(美術家)

 

「写真を読むvol.2」

日時:令和元年9月22日(日)午後2時から4時

会場:市立小樽文学館展示室

料金:入館料のみ

講師:岡田明彦(フォトジャーナリスト)×小樽写真研究会

 

入館料

入館料

入館者区分

普通入館料(文学館のみご覧になれます)

共通観覧料(文学館と美術館をご覧になれます)

一般

300円(240円)

700円(560円)

高校生

市内にお住まいの70歳以上の方

150円(120円)

350円(280円)

中学生以下と障がい者()

無料

無料

※()は20名様以上の団体料金です。

※(注)障がい者:身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介護者の方

※共通観覧料は、令和元年5月18日からの料金です。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.