天狗山からの風景(天狗桜)

特別展・企画展のお知らせ

お知らせ

平成31年4月2日(火)から4月5日(金)は、展示替えのため休館させていただきます。

 

企画展ちまちまキネマ・ワールド高山美香のビックリ映画館

趣旨

高山美香さんは1969年札幌市生まれのイラストレーター。2004年から偉人人形を作りチラシ画像

始め、小樽文学館、道内各図書館、書店、東京の文京シビックセンターなどで、人形を

展示。著書に『一葉のめがね』『鴎外のやかん』などがある。歴史、文学とともに古今東

西の映画にも造型が深く、近年、映画スターや名場面を小さく作り込んだ人形やオブジェ

を多く手がけた。本職のイラストと手書き文字での蘊蓄とウィットに富んだストーリー紹介

も楽しく、そうした原画パネルも人形とともに豊富に展示する。


チラシ表面(JPEG1.4MB)は、こちらからご覧ください。

チラシ裏面(PDF201KB)は、こちらからご覧ください。

会期

平成31年4月6日(土)から平成31年5月19日(日)

 

会場

市立小樽文学館展示室

 

関連事業

ギャラリートーク「ちまちまキネマ・生トーク」

日時:平成31年5月6日(月)午後2時より

会場:市立小樽文学館企画展会場

料金:入館料のみ

出演:高山美香/高橋明子(あとりゑ・クレール)

 

企画展「テレビとマンガにクギヅケだった。──」

──シナリオライター・石山透と少年たちの60年代

 

チラシ画像

小樽出身のシナリオ作家石山透(1927-1985「タイム・トラベラー」「新八犬伝」「プリンプリン物語」など)の

初期の代表作「ふしぎな少年」(1961年4月3日から翌年3月31日までNHKで放送されたテレビドラマ。

原作手塚治虫)関連の資料を展示します。

 

会期:平成31年3月23日から平成31年5月12日(日)

会場:市立小樽文学館無料スペース

料金:無料

 

 

関連事業

ギャラリートーク「『ふしぎな少年』と手塚治虫」

日時:平成31年4月13日(土)午後6時より

会場:市立小樽文学館無料スペース

料金:無料

講師:黒沢哲哉(著作家・編集者)

 

入館料

入館料

入館者区分

普通入館料(文学館のみご覧になれます)

共通観覧料(文学館と美術館をご覧になれます)

一般

300円(240円)

700円(560円)

高校生

市内にお住まいの70歳以上の方

150円(120円)

350円(280円)

中学生以下と障がい者()

無料

無料

※()は20名様以上の団体料金です。

※(注)障がい者:身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介護者の方

※共通観覧料は、令和元年5月18日からの料金です。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.