小樽市総合博物館

小樽市総合博物館は、平成19年7月、旧小樽交通記念館に小樽市博物館と小樽市青少年科学技術館の機能を統合し、開館しました。

小樽市の歴史と自然、北海道の交通史、科学技術をテーマに、さまざまな活動を行っています。

施設は本館(旧小樽交通記念館小樽市手宮1丁目)と運河館(旧小樽市博物館小樽市色内2丁目)の二つあります。

それぞれ歩いて20分ほど離れていますが、二日間に渡って利用できる共通入館券もございますので、ぜひ両方をご見学ください。

小樽市総合博物館本館 小樽市総合博物館運河館

総合博物館本館(左)と運河館(右)

開催中の企画展

運河館トピック展「小樽で発見!―害虫だけど美しい?プラタナスグンバイ―」:9月23日(土・祝)から12月21日(木)まで

企画展「小樽冬色グラフィティ」:11月18日(土)から平成30年4月8日(日)

 

開催予定の企画展

運河館トピック展「虚像からうまれた名品小樽のニシンそば」:12月23日(土・祝)から平成30年4月5日(木)まで

 

お知らせ

※石原裕次郎記念館から寄贈されたロールスロイスの今年度の展示公開は11月5日(日)で終了しました。

 

年末年始の休館日

12月29日(金)から1月3日(水)までは年末年始の休館日となります

 

アイアンホース号運行休止のお知らせ

アイアンホース号は平成29年10月18日に安全装置の故障が見つかり、運休しておりました。

冬期開館期間も、引き続き運行を休止します。なお、平成30年度のアイアンホース号運行は現在のところ未定です。

アイアンホース号の運行休止について

 

手宮洞窟保存館冬期休館のお知らせ

11月6日(月)から平成30年4月27日(金)まで冬期休館します。

 

冬期開館のお知らせ

11月6日(月)から、本館の入館料が冬期料金になります。一般が300円(夏期400円)、高校生と市内在住の70歳以上の方が150円(夏期200円)、中学生以下は無料です。
なお、冬期は屋外車両の一部がご覧になれません。また、手宮口からの入出館もできません。
 

行事等のご案内

11月・12月の休館日

本館:11月7日(火)・14日(火)・21日(火)・28日(火)、12月5日(火)・12日(火)・19日(火)・26日(火)・29日(金)・30日(土)・31日(日)

運河館:12月29日(金)・30日(土)・31日(日)

 

開館時間・休館日

午前9時30分から午後5時(本館・運河館とも)
本館の休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)
運河館は無休です

※年末年始(12月29日から1月3日まで)は本館、運河館共に休館します。
※上記以外に臨時休館する場合があります。

 

入館料

中学生以下無料
本館:一般400円(冬期300円)、高校生・市内在住の70歳以上の方200円(冬期150円)
運河館:一般300円、高校生・市内在住の70歳以上の方150円
※団体利用(20人以上)の方は2割引です
※身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介護者の方は無料です
※特別展などの場合には、別途特別料金を設けることがあります

※11月上旬から4月下旬までの期間は冬期料金です。この期間は展示の一部が見学できません。具体的な期間はお問い合わせください。

 

共通入館料

本館、運河館、重要文化財旧日本郵船株式会社小樽支店のうち2館に入館できます(二日間有効)
一般500円、高校生・市内在住の70歳以上の方250円
手宮洞窟保存館にも入館できます(有効期間内に限る)

 

年間パスポート

本館、運河館、重要文化財旧日本郵船株式会社小樽支店に何度でも入館できます(一年間有効)
一般1000円、高校生・市内在住の70歳以上の方500円
手宮洞窟保存館にも入館できます(有効期間内に限る)

 

利用案内

ボランティア活動

施設案内

館内のパノラマ画像

関連施設

調査研究事業

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.