旭橋の朝日

行事予定

本館の行事

・文化遺産フォーラム「文化遺産といきるまち・歴史文化基本構想をどう活かしていくのか」
『小樽市歴史文化基本構想』策定後、構想や「小樽文化遺産」を今後どのように活かしていくかについて、講師をお招きし討論します。

【日時】3月2日(土)13:30〜16:00
【場所】本館・研修室

【主催】小樽市教育委員会

詳細は以下をご覧ください。

文化遺産フォーラム「文化遺産といきるまち」開催のお知らせ(外部サイト)


・博物館ゼミナール小樽学「石の街・小樽―石造建築物の魅力を再発見」
市内に多数ある石造建造物の魅力について様々な視点から紹介します。
【日時】3月16・23・30日(いずれも土曜日)10:00〜11:30
【講師】

16日「小樽市内の石造建築物の現状と特徴」

竹内勝治氏(たけうちかつじ;小樽市総合博物館特別研究員)

23日「日本銀行小樽支店と北海道銀行本店および札幌神社社殿の石材の関係」

駒木定正氏(こまきさだまさ;北海道職業能力開発大学校特別顧問)

30日「札幌軟石と北の石文化―小樽軟石の仲間たち」

佐藤俊義氏(さとうとしよし;札幌軟石ネットワーク事務局長)

【場所】本館・研修室
【対象】どなたでも
【定員】なし
【料金】入館料のみ
【申込】不要。直接お越しください。
【協力】小樽軟石研究会、小樽市総合博物館友の会


・企画展関連講座「沖あげ音頭を聞こう」
小樽市指定無形民俗文化財「忍路にしん場の行事」の中から「ソーラン節」ともいわれる沖あげ音頭をはじめ漁労歌を歌っていただきます。保存会の方による歌唱指導もあります。
【日時】3月21日(木・祝)13:30〜14:30
【場所】本館・企画展示室
【対象】どなたでも
【定員】なし
【料金】入館料のみ
【申込】不要。直接お越しください。

【協力】忍路鰊場の会

 

運河館の行事

・運河館のひなかざり
新旧さまざまなひな人形、約10組の展示を行います。
【日時】2月20日(水)〜3月4日(月)9:30〜17:00
【場所】運河館・第一展示室
【対象】どなたでも
【定員】なし
【料金】入館料のみ
【申込】不要。直接お越しください。


・うんがかんのひなまつり
復元商家に並べられたひな飾りの前で和服を着ての撮影(カメラはご持参ください)、お茶会などをご用意しています。
【日時】3月3日(日)10:30〜12:00、13:00〜14:30
【場所】運河館・第一展示室
【対象】どなたでも
【定員】着付けは先着順となります。午前午後とも20組。
【料金】入館料のみ(中学生以下無料)
【申込】不要。直接お越しください。


・トピック展ギャラリートーク「ウミネコと小樽のカモメたち」
トピック展「ウミネコとカモメ」の展示解説を行います。
【日時】3月9日(土)11:00〜11:30
【講師】山本亜生(やまもとあき;総合博物館学芸員)
【場所】運河館・第一展示室
【対象】どなたでも
【定員】なし
【料金】入館料のみ
【申込】不要。直接お越しください。

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.