運河館トピック展

運河館トピック展「紙芝居と戦争」

紙芝居は、国策を宣伝し、国民を戦争へと駆り立てるために利用された有力なメディアで、子供だけでなく大人も対象に学校、工場、病院などあらゆる生活現場で上演されていました。展示では、戦中戦後に北海道で発行、上演された紙芝居から戦争の記憶をたどります。


【会期】2018年4月7日(土)〜6月28日(木)
【休館日】無し
【時間】9:30〜17:00
【会場】運河館・第一展示室
【料金】入館料のみ
【主催】小樽市総合博物館
【協力】北海道立文学館、小樽市総合博物館友の会

 

運河館トピック展紙芝居と戦争ポスター

 

運河館トピック展「紙芝居と戦争」ポスター(PDF)

 


・関連行事

ギャラリートーク「紙芝居と戦争」

戦時中に北海道で印刷された宮澤賢治原作の紙芝居「貝の火」を中心にお話しします。

【日時】2018年5月19日(土)11:00〜12:00
【講師】山田真理子(やまだまりこ;総合博物館学芸員)
【場所】運河館・第一展示室
【対象】どなたでも
【定員】なし
【料金】入館料のみ
【申込】不要。直接お越しください。


座談会「紙芝居話あれこれ」

駄菓子をつまみながら「黄金バット」、紙芝居屋のおじさん、保育所、図書館…みなさんのさまざまな紙芝居体験をお聞かせください。

【日時】2018年6月17日(日)14:00〜15:30
【コーディネーター】山田真理子(やまだまりこ;総合博物館学芸員)
【場所】本館会議室
【対象】どなたでも
【定員】12名(先着順)
【料金】入館料のみ
【申込】総合博物館本館まで(6月1日から受付)

 

運河館トピック展「松浦武四郎が見た忍路の火山地質」

幕末の北方探検家の松浦武四郎は、忍路には奇岩怪石がたくあんあり、まるで桃源郷のようだとその風景ををたたえました。それらを形成したのは、1000万年前から500万年前にかけて活動していた海底火山です。忍路周辺の火山活動によって形成された地質について紹介します。


【会期】2018年6月30日(土)〜10月4日(木)
【休館日】無し
【時間】9:30〜17:00
【会場】運河館・第一展示室
【料金】入館料のみ
【主催】小樽市総合博物館
【協力】小樽軟石研究会

 

忍路兜岬

 

これまでに開催した運河館トピック展

2017年11月18日(土)〜2018年4月8日(日)

運河館トピック展「虚像からうまれた名品小樽のニシンそば」


2017年9月23日(土・祝)〜12月21日(木)

運河館トピック展「小樽で発見!―害虫だけど美しい?プラタナスグンバイ―」


2017年6月24日(土)〜9月21日(木)

運河館トピック展「榎本武揚―小樽に賭けたテクノクラート―」


2017年4月1日(土)〜6月22日(木)
運河館トピック展「倉庫のハテナ・プロローグ」

 

2016(平成28)年度以前のトピック展

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.