旭橋の朝日

本館企画展

企画展「文化遺産といきるまち・小樽市歴史文化基本構想の8つの視点」

小樽市は、地域の文化財の総合的な保存・活用を図る目的で、平成28年度から「小樽市歴史文化基本構想」の策定作業を進めています。
小樽市歴史文化基本構想の調査事業で記録された文化遺産群を、8つの切り口で紹介します。


【会期】2018年12月22日(土)〜2019年3月31日(日)
【休館日】火曜日
【時間】9:30〜17:00
【会場】本館・企画展示室
【料金】入館料のみ
【主催】小樽市総合博物館・北海学園大学学芸員課程
【協力】小樽市総合博物館友の会

 

ポスター「文化遺産といきるまち」表

 

ポスター「文化遺産といきるまち」裏

 

関連事業

・文化遺産フォーラム「文化遺産といきるまち・歴史文化基本構想をどう活かしていくのか」
『小樽市歴史文化基本構想』策定後、構想や「小樽文化遺産」を今後どのように活かしていくかについて、講師をお招きし討論します。

【日時】3月2日(土)13:30〜16:00
【場所】本館・研修室

【主催】小樽市教育委員会

詳細は以下をご覧ください。

文化遺産フォーラム「文化遺産といきるまち」開催のお知らせ(外部サイト)


・企画展関連講座「沖あげ音頭を聞こう」
小樽市指定無形民俗文化財「忍路にしん場の行事」の中から「ソーラン節」ともいわれる沖あげ音頭をはじめ漁労歌を歌っていただきます。保存会の方による歌唱指導もあります。
【日時】3月21日(木・祝)13:30〜14:30
【場所】本館・企画展示室
【対象】どなたでも
【定員】なし
【料金】入館料のみ
【申込】不要。直接お越しください。

【協力】忍路鰊場の会

 

これまでに開催した企画展

2018年9月22日(土)〜12月2日(日)

企画展「松前神楽―小樽での伝承と今」


2018年7月28日(土)〜8月26日(日)

企画展「蒸気機関車アイアンホース号と旧手宮鉄道施設―動態保存への取組」


2018年4月28日(土)〜7月16日(月・祝)

企画展「フォリー神父とオタルスゲ〜小樽に来た伝説の植物採集家〜」


2017年11月18日(土)〜2018年4月8日(日)

企画展「小樽冬色グラフィティ」


2017年4月29日(土・祝)〜7月17日(月・祝)

企画展「旧手宮線が伝えるもの・小樽の鉄道史」


2017年7月23日(日)〜11月5日(日)
企画展「百蛾繚乱(ひゃくがりょうらん)・完全公開!博物館の蛾類コレクション」

 

2016(平成28)年度以前の企画展

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.