祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

小樽市雪対策基本計画について

背景について

 本市では、これまで、市民要望の強い除排雪について、小樽市総合計画に位置付け、毎年、除雪懇談会等を開催し、地域の皆さんからの声を聞きながら、計画的に取り組んでまいりました。

 しかし、近年、人口減少、高齢化の進展などの社会環境の変化に加え、除排雪作業を担う建設業の人材不足など、このままでは、将来的に除排雪体制の維持が困難となる可能性があります。

 そこで、今後も継続して、冬の市民生活や経済活動を支えていくため、将来を見据えた「雪対策基本計画」を策定することといたしました。

詳細は維持課へお問い合わせください。

 

計画の位置付けについて

 「雪対策基本計画」は、小樽市総合計画(第7次)を上位計画とする中・長期計画に位置付けられ、関連する個別の事業計画などとも整合と連携を図りながら策定してまいります。計画の期間は、概ね10年間とします。

詳細は維持課へお問い合わせください。

 

懇話会と分化会について

 冬の安全で安心な市民生活を支えるために、「小樽市雪対策基本計画」の策定を行います。計画の策定にあたっては、学識経験者、交通事業者等で構成する「懇話会」と、町内会の代表者で構成する「分科会」を組織し、市民の皆さんのご意見等を聞きながら、多様化するライフスタイル、市民ニーズを把握し、課題等の整理、体系化を図り、将来における雪対策のあるべき姿と方向性を検討してまいりたいと考えております。また、国、北海道とも情報共有等を図りながら計画の策定を進めます。

 なお、下記のリンク先により、「懇話会」及び「分科会」の開催案内や議事録等が御覧になれます。

 

計画策定の進め方について

詳細は維持課へお問い合わせください。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.