祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

小樽公園(こどもの国ゾーン)の概要

 小樽公園は、市の中心部に位置し、明治に開園した歴史のある公園です。
 また、「小樽市の花」であるツツジなどの花やクリ、シラカンバなどの樹木が数多くあり自然豊かな公園として市民の皆さんに親しまれています。
 「こどもの国」は、小樽公園内の東側に位置し、昭和45年に開園しました。観覧車やフラワーカップなどの動力遊具のほかヤギやウサギなどのいる小動物園があり、多くの市民の皆さんが利用していましたが、近年は、施設の老朽化が進み維持が困難となり、平成18年10月に閉園しました。
 閉園後の利用方法などについて、平成17年度から市民の意見などを参考にしながら平成20年度まで「こどもの国ゾーン(旧こどもの国)」の整備をしてきました。
 平成20年度までに完成した施設は、「空の遊びの回廊」や「大地の遊びの回廊」などの大型遊具や迷路、さまざまな利用ができる多目的広場や野外学級施設などがあり、多くの市民がつどい、憩い、遊ぶことのできる「うるおい」と「にぎわい」のある公園となっています。

 

所在地

小樽市花園5丁目

面積

約23.5ha(こどもの国ゾーン約1.7ha)

公園種別

総合公園

施設概要(平成19・20年度に整備した主な施設)

遊具施設 空の遊びの回廊、大地の遊び回廊、迷路、積木コンビネーション遊具、大型波状滑り台など
野外学級施設 黒板、木製ベンチ9基
多目的広場 自由広場、芝生広場、園路

平成20年度までの完成施設

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.