天狗山からの風景(天狗桜)

第6回 小樽市都市景観賞作品

カジュアルレストラン 楽 

カジュアルレストラン 楽
明治中期以前に商家として建設された木骨石造2階建の歴史的な建造物である。平成5年の改修により、洋食レストランとしてよみがえった。市指定の特別景観形成地区でもあり、修復されたことにより隣接して建ち並ぶ千秋庵・丸二殖産・岩永時計店などと集積効果を生み、良好な都市景観をつくりだしている。

 

岩永時計店

岩永時計店

明治29年に建設されて以来96年間、時計店として堺町本通りの歴史を刻んでいる木骨石造2階建の建造物であり、昭和60年に市指定の歴史的建造物となっている。平成3年の改修により、今回選定された「楽」とともに、歴史的街並みの修景に役立っている。

 

特別賞

北海道中央バス第2ビル屋上広告物撤去

北海道中央バス第2ビル
▲屋上広告物が掲出されていた状態
北海道中央バス第2ビル
▲屋上広告物が撤去されていた状態

市指定の歴史的建造物(旧三菱銀行小樽支店)で、現在は北海道中央バス株式会社の第2ビルである。大規模な屋上広告物が歴史的な景観地区には、ふさわしくないとの理解と協力が得られ、撤去したものである。周辺景観を向上させるために広告物を撤去するという企業の姿勢は小樽市全体への景観形成に寄与するものであると高く評価された。

 

銀鱗荘

銀鱗荘

小樽港の南側に突き出た平磯岬の先端に建ち、規模・風格共に昔の小樽の漁業の繁栄を感じさせるシンボル的建造物である。昭和14年に余市より移築された木造2階建の部分と平成元年に増築されたRC3階建部分とからなり、料亭・温泉旅館として営業している。

 

ふれあいの泉

 ふれあいの泉

小樽運河の南端に位置する浅草街園に、平成5年に設置された、共同給水栓をモチーフとしたモニュメントである。運河の水辺のそばで実際に水に触れ又飲むことのできる場をつくると共に、昔の共同給水栓を使用することにより、歴史的なストーリーも感じさせている。

 

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.