紅葉の小樽運河

安全でおいしい水

 浄水管理に異常がないことや、水道法に基づく水質基準に適合していることを確認して、市民の皆さんに供給している水の安全を確保しています。

恵まれた自然環境

 小樽市の水源の多くは河川水です。河川の上流には、汚染源となる工場などがなく、恵まれた自然が保たれています。

浄水場では

 ダムや川から取水された水は浄水場へ送られます。

 浄水場は、水の濁りなどをかたまりにして沈でんさせ、消毒のため塩素剤を入れてろ過をし、安全な水道水を作ります。

 水道水は、一時配水池に貯められて、家庭や学校、工場などに給水されています。

水質管理課では

 水質管理課は、浄水場の原水、ろ過前の水、ろ過後の水、塩素消毒後の水、配水池および給水栓の水の水質検査を行います。

安全でおいしい水

 

  • 「配水池」とは

 使用水量の変化に応じて、適量な配水を行うためにきれいな水を貯めておく池

  • 「給水栓」とは

 給水管の先に取り付けられ、水を出したり止めたりする栓

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.