紅葉の小樽運河

本会議における質問通告一覧  

質問につきましては変更になることがあります。(平成27年6月24日更新)

平成27年第2回定例会

  • 代表質問 ......... 6月22日(月曜日)(山田・川畑 両議員)
  • 代表質問 ......... 6月23日(火曜日)(千葉・林下・安斎 各議員)
  • 一般質問 ......... 6月24日(水曜日)(中村(岩雄)・高橋(龍)・酒井(隆裕) 各議員)
  • 一般質問 ......... 6月25日(木曜日)(高野・酒井(隆行)・中村(誠吾)・秋元 各議員)

 

代表質問

 

6月22日(月曜日)

 

1番目 山田 雅敏 議員(自由民主党)

1 市長の政治姿勢について

2 市長の五つの公約について

(1)安全で安心なまちづくり

(2)人口減少に歯止めをかけるための子育て支援と高齢者対策の充実

(3)中心市街地の整備再開発と空き家対策について

(4)知育、徳育、体育などの教育の取組

(5)まちが元気になる経済対策について

3 財政・財務について

(1)地方公会計の整備促進について

(2)平成26年度行政評価(事業評価)について

(3)人口減少対策について

4 経済に関連して

(1)地方創生関連予算について

(2)観光基本計画(ショートフィルムセッション)について

(3)おたるドリームビーチについて

5 厚生に関連して

(1)病院に関連して調剤薬局について

(2)在宅寝たきり高齢者等理美容サービスについて

6 教育に関連して

(1)教育行政執行方針について

7 その他

 

2番目 川畑 正美 議員(日本共産党)

1 戦争法案について

2 市長公約にかかわって

(1)カジノ誘致に反対する市長の姿勢について

(2)原発再稼働に反対する市長の見解について

(3)子育て支援について

(4)除雪について

(5)銭函駅、南小樽駅のエレベーターの設置、バリアフリー化について

3 国保料の引下げについて

4 住宅エコリフォーム助成事業の取扱いについて

5 おたるドリームビーチに市営海水浴場を開設することについて

6 その他 

 

 

6月23日(火曜日)

 

1番目 千葉 美幸 議員(公明党)

1 市長の政治姿勢について

(1)市長が批判した「しがらみ」について

(2)職員人事について

(3)参与の任用について

2 市長の「公約」に関連して

(1)人口減少対策について

(2)経済対策について

(3)除排雪体制の整備について

(4)小学生までの医療費と第3子以降の保育料を無料化する公約について

(5)周産期医療について

(6)北電泊原発再稼働について

3 財政について

(1)平成26年度一般会計の決算見込みについて

(2)今後の財政運営について

4 おたるドリームビーチの問題について

5 障がい者の虐待防止について

6 住宅に関連して

(1)空き家対策について

(2)小樽市住宅エコリフォームの促進に関する条例について

7 その他 

 

2番目 林下 孤芳 議員(民主党)

1 市長の政治姿勢について

2 議案第1号平成27年度一般会計補正予算(おたるドリームビーチ)について

(1)違法建築物の撤去と安全対策や秩序を維持するための条例化

3 公契約条例について

(1)人口減少に歯止めをかけ若年層の流出を防止する

4 北海道新幹線開業に向けた2次交通の確立について

(1)経済効果を最大限に引き出す

5  除排雪体制の整備について

(1)市民目線での整備

6 その他

 

3番目 安斎 哲也 議員(新風小樽)

1 議案第1号にかかわって

(1)市営開設理由と非開設の場合の対応について

(2)道路閉鎖の対応は可能か

(3)おたるドリームビーチは観光政策では、他の海水浴場との整合性は

2 除排雪体制について

(1)年間の除雪費はどの程度まで確保可能か

(2)雪堆積場の増設の視点について

(3)岩見沢市の全庁的組織体制で市民サービス向上は

3 人口減対策にかかわって

(1)小学生までの医療費無料化について

(2)第3子以降の保育料無料化について

4 市政のオープンについて

(1)市政のオープンとは何か

(2)予算編成過程の公開をしないのか

(3)オープンデータの取組と森井市長自身のFacebook利用は

5 参与の設置について

(1)非常勤嘱託員の任用について

 ア 非常勤嘱託員任用までの人選と手続の流れは

 イ 参与任用で公募しなかった理由と人選した理由は

 ウ 決裁の過程でなぜ市長の判こが先だったのか

(2)報酬月額30万円の根拠は

 ア フルタイム勤務と短時間の再任用の月額給料は

 イ 規則を定め条例改正の手続をしなかったのはなぜか

(3)予算措置について

 ア 予算の流用を行えるのはどのような場合か

 イ 規則を設け報酬額を条例で規定し補正予算を措置する正規の手続を

6 市長公約の教育改革について

(1)「ここ数十年間で低下した学力」の根拠は何か

(2)新・市民プールの整備が、後退しているのでは

7 その他

 

一般質問

 

6月24日(水曜日)

 

1番目 中村 岩雄 議員(新風小樽)

1 周産期医療体制について

2 その他

 

2番目 高橋 龍 議員(新風小樽)

1 小樽の体育行政について

(1)総合体育館使用料の減免について 

2 その他

 

3番目 酒井 隆裕 議員(日本共産党)

1 市営室内水泳プールについて

2 市内職業高等学校の再編について

3 その他

 

 

6月25日(木曜日)

1番目 高野 さくら 議員(日本共産党)

1 周産期医療について

2 小樽市の公園について

3 その他

 

2番目 酒井 隆行 議員(自由民主党)

1 市長の公約について

(1)いいこと・悪いことの認識について

(2)防災無線の整備について

(3)AEDの計画的な設置について

(4)空き家対策と中心市街地について

2 市内経済とエネルギーなどについて

(1)市内経済の状況について

(2)ふるさと納税について

(3)クルーズ客船と小樽港の物流について

(4)港湾に関連して

(5)エネルギーに関連して

(6)銭函工業協同組合の助成金について

3 人口減少対策と子育て支援などについて

(1)JR駅のバリアフリー化などについて

(2)銭函市民センターの設備の充実について

4 森井市長の教育に関する認識について

5 市長の政治姿勢について

6 その他

 

3番目 中村 誠吾 議員(民主党)

1 市内における周産期医療体制の確立に向けて

2 新市立病院開院後の経営状況等について

3 保育所待機児童の解消に向けて

4 市内の防災体制について

5 その他

 

4番目 秋元 智憲 議員(公明党)

1 今後の市政運営について

(1)議会への説明について

(2)公約実現への決意

(3)財政の硬直化についての8年間の分析は

(4)財政オープン化での方法、目的、予算について

(5)行政評価の認識

2 経済施策について

(1)観光客誘致の施策は

(2)輸出物品販売場制度について

(3)無料公衆無線LAN環境整備とセキュリティについて

(4)プレミアム商品券について

3 若者支援と連絡会議の継続について

4 その他

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.