旭橋の朝日

第2次健康おたる21

I.策定の趣旨

 「健康」は、全ての市民の願いであり、一人ひとりが充実した日常生活を過ごし、豊かな人生を送るため、人生の楽しみを実現するための前提条件です。また、「健康づくり」は、市民一人ひとりがそれぞれの健康観に基づいて取組む課題ではありますが、社会全体としても健康づくりを積極的に支援する体制づくりが重要です。本市の最も大きな健康課題として、がん、心臓病、脳卒中による死亡率が全国よりも高いことが挙げられます。

 本計画は、ライフステージに合わせて、これらの疾病を予防するとともに、発病した場合であっても重症化しないための健康づくりについて、家庭、地域、学校、関係団体、職場・企業、行政などが相互に連携して進めていくための行動指針として策定するものです。

 

II.計画の期間

 計画期間は、国、北海道と同様に平成25年度から平成34年度までの10年間とします。

 

III.計画ダウンロード

VII.小樽市健康増進計画評価会議

 第2次健康おたる21の進行管理を担います。
毎年度、事業実績を把握して評価・点検を行い、次の事業展開に活かしていきます。また、総合的な進捗状況の把握と評価を行います。

中間年(平成29年度)や最終年(平成34年度)には、市をはじめ市民を取り巻く団体等の取組を総合的に評価し、取組の体系や指標等、計画の見直しを行います。

小樽市健康増進計画評価会議設置要綱(PDF116KB)

小樽市健康増進計画評価会議委員名簿(PDF98KB)

 

    V小樽市健康増進計画評価会議を開催しました

    VIスマート・ライフ・プロジェクトについて

     スマート・ライフ・プロジェクトとは、「健康寿命を延ばしましょう」をスローガンに、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく毎日が送れることを目標とした厚生労働省の国民運動です。運動、食生活、禁煙、健診・検診の受診の4分野を中心に、具体的なアクションの呼びかけを行っています。さらなる健康寿命の延伸を目指し、プロジェクトに参画する企業・団体・自治体と協力・連携しながら推進されています。

     

    厚生労働省参考ページ:スマート・ライフ・プロジェクトについて(外部サイト)

    このサイトは島根県CMSで構築されています。
    Copyright © 2009 Otaru CIty.