小樽ゆき物語

平成27年度 小樽市職員採用試験実施要領

※平成27年8月21日(金)をもちまして、受付は終了しました。

 

※9月1日(火)、受験票を発送しました。9月7日(月)までに届かない場合は、9月10日(木)までにお問い合わせください。 

 

◆◆◆試験時間を一部変更します◆◆◆

 

 受験申込者多数につき、実施要領にてお知らせしていた参集時間を次のとおり一部変更いたします。

 変更の対象となる受験者の方には、参集時間変更のお知らせを受験票とともに送付いたしましたので、

 お間違えのないようにしてください。

 

◇参集時間を変更した受験区分

 受験区分

事務(大学卒業・昭和63年4月2日以降に生まれた方)

参集時間 

 午後1時(午後0時30分開場)

※日にちの変更はありません。

 

※事務(大学卒業・昭和53年4月2日から昭和63年4月1日までに生まれた方)・事務(短大・高校卒業)・事務(身体に障害のある方)・

事務(社会福祉士)・学芸員(歴史・科学)を受験される方は、時間の変更はありません(午前10時参集(午前9時30分開場))。

 

※土木技術・建築技術・電気技術・臨床検査技師・保育士・保健師・消防吏員を受験される方は、日時の変更はありません。

事務・事務(身体に障害のある方)・事務(社会福祉士)・学芸員  

 より多くの方に受験していただけるよう、平成25年度から「総合適性検査」を実施しています。

 公務員志望の方に限らず、民間企業を志望する方や社会人の方もぜひチャレンジしてください。

 

 小樽市では、歴史と伝統のある本市のまちづくりに積極的にチャレンジする職員を求めています。

 そのためには、市民の目線に立ち、市民ニーズの的確な把握を基にした施策が必要となることから、『職員の市内居住』を基本としています。

 この考えに共感を持ち、採用時までに小樽市内に居住できる方の応募をお待ちしております。

1.採用予定日、採用予定者数及び受験資格

(1)採用予定日

平成28年4月1日

(2)採用職種、受験資格

   

 受験資格

  下記の採用職種ごとの要件を満たす方で、採用時までに小樽市内に居住が可能な方。

採用職種

採   用

予定者数

要   件

 

事務

 

 

10名

程度

 

昭和53年4月2日から

昭和63年4月1日までに生まれた方

 

   大学卒業

 学校教育法による大学(短大を除く)を卒業(平成28年3月末までに卒業見込みの方を含む)した方、又は小樽市長が同等の資格があると認める方。

    短大卒業

 学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業(平成28年3月末までに卒業見込みの方を含む)した方、大学卒業の受験資格に該当しない方で、大学に2年以上在学し、62単位以上取得した方、又は小樽市長が同等の資格があると認める方。

※大学卒業の受験資格を満たす方は、短大卒業区分での受験はできません。

    高校卒業

 学校教育法による高等学校を卒業(平成28年3月末までに卒業見込みの方を含む)した方、又は小樽市長が同等の資格があると認める方。

※大学卒業、短大卒業の受験資格を満たす方は、高校卒業区分での受験はできません。

 

10名

程度

 

昭和63年4月2日以降に生まれた方

    大学卒業

 学校教育法による大学(短大を除く)を卒業(平成28年3月末までに卒業見込みの方を含む)した方、又は小樽市長が同等の資格があると認める方。

    短大卒業

 

 学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業(平成28年3月末までに卒業見込みの方を含む)した方、大学卒業の受験資格に該当しない方で、大学に2年以上在学し、62単位以上取得した方、又は小樽市長が同等の資格があると認める方。

※大学卒業の受験資格を満たす方は、短大卒業区分での受験はできません。

    高校卒業

 

 学校教育法による高等学校を卒業(平成28年3月末までに卒業見込みの方を含む)した方、又は小樽市長が同等の資格があると認める方。

※大学卒業、短大卒業の受験資格を満たす方は、高校卒業区分での受験はできません。

 

事務(身体に障害のある方)

若干名

昭和51年4月2日以降に生まれた方

 

 学校教育法による大学、短期大学、高等専門学校又は高等学校を卒業(平成28年3月末までに卒業見込みの方を含む)した方、又は小樽市長が同等の資格があると認める方で、身体障害者手帳(1〜6級)の交付を受け、自力で通勤が可能であり、介護者なしに職務の遂行が可能である方。

 

事務(社会福祉士

1名

昭和51年4月2日以降に生まれた方

 

 社会福祉士の登録を受けている方(平成28年4月末までに登録見込みの方を含む)。

 

   

学芸員

 
 

1名

 

昭和51年4月2日以降に生まれた方

 

 

 大学院修士課程又は博士課程前期において、歴史(日本史・人文地理・民俗学等)に関する課程を専攻して修了し、学芸員となる資格を有する方(平成28年3月末までに取得見込みの方を含む)で、博物館等における活動実績(実習を除く)、調査研究実績を有する方。

 

 

1名

 

 大学において、科学(地学、物理、化学等)に関する課程を専攻して卒業した方で、学芸員となる資格を有する方(平成28年3月末までに取得見込みの方を含む) 。

 

 土木技術・建築技術・電気技術・臨床検査技師

保育士・保健師                 

 ※ 別に実施要領を定めていますので、そちらをご覧ください。
※ 採用予定者数については、今後の事業計画等により変更することがあります。

※ 大学卒業の受験資格を満たす方は短大卒業区分又は高校卒業区分で、短大卒業の受験資格を満たす方は高校卒業区分での受験は

  できません。 

※ 学校教育法第10章に規定されている高等専門学校を卒業した方は短大卒業区分、それ以外の専門学校を卒業した方は高校卒業区分

  となります。 

※ 免許取得・資格登録見込みの方は、平成28年5月1日以降の採用となる場合があります。

※ 学芸員の職種に応募する際は、申込書の申込区分欄で歴史、科学のいずれかを選択してください。また、歴史を選択した場合は、

  博物館等における活動実績(実習を除く)、調査研究実績について、申込書の職歴欄を利用して簡潔に記入してください。 

※ 国籍は問いませんが、就職が制限されている在留資格の方は受験できません。また、日本国籍を有しない方は、公権力を行使する業務 

  又は公の意思形成への参画に携わる職に従事することができません。

※ 地方公務員法第16条の各号(下記)に該当する方は受験できません。

  1. 成年被後見人又は被保佐人
  2. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  3. 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  4. 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、第5章に規定する罪を犯し刑に処せられた者
  5. 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

 

2.主な職務内容及び配属先

職種

 主な職務内容と配属先

事務

 市役所本庁などの市長部局をはじめ、水道局や病院局といった公営企業や教育委員会などに配属され、総務(庶務、広報、人事など)、税務、福祉、まちづくりやその他行政事務全般の業務に従事します。

学芸員

 総合博物館などに配属され、資料収集・管理、普及事業・展示の企画・運営、地域資料の調査など学芸業務に従事します。

 

3.試験日時、会場など

 

第1次試験

日時

平成27年9月19日(土) 午前10時00分までに参集してください。

                                (開場時間 午前9時30分)

会場

小樽商科大学(小樽市緑3丁目5番21号)

試験会場案内図(PDF 117KB)

試験内容

 

総合適性検査

 

筆記試験  60分(午前10時30分開始)

合格発表

平成27年10月1日(木) 午前9時 (予定)

市のホームページに合格者の受験番号を掲示します。 また、合格者には文書で通知します。

第2次試験

日時・会場

10月中旬(第1次試験合格者に別途お知らせします。)

試験内容

集団討論
 ※ 事務(身体に障害のある方)・事務(社会福祉士)及び学芸員は行いません。

第3次試験

日時・会場 11月中旬(第2次試験合格者に別途お知らせします。)

試験内容

個人面接

最終合格発表

平成27年11月下旬(予定)

※ 申込人数により、時刻及び会場を変更する場合がありますのでご注意願います。その際はホームページでお知らせします。

※ やむを得ない事情により遅刻した場合でも、既に試験が開始されているときは受験できません。

4.提出書類、提出先など

(1)提出書類

(ア) 受験申込書2部(2部とも証明写真(4cm×3cm)を貼付)

 

採用試験実施要領・提出書類のダウンロード

小樽市職員採用試験実施要領(事務・事務(身体に障害のある方)・事務(社会福祉士)・学芸員)                                                                                                                                  

PDF 428KB    

小樽市職員採用試験受験申込書          

事務
事務(身体に障害のある方)

事務(社会福祉士)

学芸員

PDF 231KB    
(記入例)PDF 228KB                       

 ※受付終了のため、リンクを解除しています。

 

(イ) 受験資格欄に該当する最終学校の卒業証明書又は卒業見込証明書(共に写 し可)若しくは卒業証書の写し1部

    ・卒業見込証明書については、平成27年4月1日以降に発行されたもの。

    ・高等専門学校以外の専門学校を卒業又は卒業見込みの方は、専門学校ではなく高校の卒業証明書等

    ・大学院を修了又は修了見込みの方については、大学院ではなく大学の卒業証明書等

   ※大学卒業の受験資格に該当しない方で、大学に2年以上在学した方は、大学の成績証明書(写し可)

(ウ) 身体に障害のある方を対象とした区分に申し込む方は、身体障害者手帳(障害名及び等級表による級別がわかる部分)

   の写し1部

(エ) 事務(社会福祉士)を対象とした区分に申し込む方で、社会福祉士の登録を受けている方は、社会福祉士登録証の写し1部

(オ) 学芸員(歴史)の区分で申し込む方は、大学院と大学の成績証明書(写し可)1部、学芸員(科学)の区分で申し込む方は、

   大学の成績証明書(写し可)1部 

(カ) 返信用封筒(受験票を送付しますので、長形3号封筒にあて先を明記し、82円切手を貼付したもの)

 

受験申し込みは、一つの職種に限ります。

提出書類に不備があると受理できませんので、十分にご注意ください。
 例:受験申込書が1部しかない。 写真が貼付されていない。申込区分の受験資格と異なる卒業証明書等が添付されている。

(2)提出方法

 受験申込書は折り曲げずに、持参又は郵送により提出してください。

(3)受付期間

 平成27年8月3日(月)から8月21日(金)
 午前9時から午後5時20分(土・日曜日を除きます)。

 郵送の場合は、8月21日(金)までの消印のあるものに限り受け付けします。8月19日(水)以降に郵送するときは、「速達」により提出してください。

(4)提出先

 小樽市総務部職員課人事係(市役所本館2階)
 〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号

(5)受験票の発送

 平成27年9月1日(火)を予定しております。
 9月7日(月)までに届かない場合は、9月10日(木)までにお問い合わせください。

5.受験資格の確認

 受験資格の有無、申込書の記入事項等について確認を行います。
 なお、記入事項に虚偽があると判明した場合には、職員として採用される資格を失う場合があります。

6.勤務条件、給与等(平成27年4月1日現在)

(1)勤務条件

 原則として、午前8時50分から午後5時20分までの勤務で、午後0時15分から午後1時までは休憩時間、1日当たり7時間45分の勤務時間です(条例改正などにより、変更となることがあります 。)。
 日曜日・土曜日のほか、国民の祝日等は休みです。ただし、勤務の時間帯や休日は、勤務箇所によってはこれと異なる場合があります。

(2)休暇

 一年度で20日の年次有給休暇のほか、病気休暇や特別休暇(健康増進休暇、服喪休暇等)などがあります。

(3)初任給

 採用される方の年齢や最終学歴及び職務経験年数などにより決定され、一例は下表のとおりです。ただし、給与改定などの実施により引き下げとなることもあります。

区分   

初任給      

 その他の手当

大学卒   

174,200円 

給与条例に基づき、住居手当、通勤手当、期末手当、勤勉手当、寒冷地手当、扶養手当、時間外勤務  

手当などが支給されます。

短大卒

154,800円   

高校卒

142,100円

7.その他

○試験当日、自家用車での来場はご遠慮ください(受験者用の駐車場はありません)。

○身体に障害のある方で、受験上の配慮が必要な方は、8月21日(金)までに必ず連絡してください。

○書類を提出する前に、下記の事項を再度チェックしてください。 

  1.受験申込書(2部)に写真が貼られ、記載例のとおりにもれなく記入されているか。

  2.返信用封筒(切手貼付、あて先明記)が同封されているか。

  3.受験申込書(2部)、資格証の写しや成績証明書(必要な職種区分のみ)及び卒業(見込)証明書(写し可)

   又は卒業証書(写)が同封されているか。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.