小樽ゆき物語

SIGNAL〜シグナル〜

 小樽の農作物はなにかありますか?

 小樽市民の方から質問されました。私たちは、生産から出荷まで毎日農作業をしていますが、小樽の農業の実態が知られていないことを思い知りました。

 これから、様々な切り口で小樽の農業を情報発信していきたいと、小樽の農業を紹介するホームページを「合図、発信、スタート」の意味で「SIGNAL〜シグナル〜」と名付けました。

 一人でも多くの方に関心をもっていただけたらと思います。

 

小樽の農業について

 小樽市の農業は、背後の諸山に連なる丘陵地で占められ、平地はいくつかの小河川の河口にわずかに開かれる程度なことと傾斜地が多いことから、1戸当たりの耕作面積が狭い小規模営農となっています。

 近年、就農者の高齢化による離農や後継者不足等から、耕作面積、農家戸数、農家人口が減少しています。

 農業形態は、野菜を中心に果実、花き、水稲など多種多様な経営形態となっており、都市近郊型農業となっています。

 作付品目の主なものは、トマト、ばれいしょ、かぼちゃ、ぶどう、花き、水稲等となっています。

 

 

年次別農業概要

年次別農業概要(出典:農林業センサス)

年次

耕作面積(ha)

農家数(戸)

農業従事者(人)

平成27年

130

160

 246

平成22年

173

216

 391

平成17年

180

249

 690

平成12年

231

357

1,045

平成7年

429

449

1,362

関係機関リンク

小樽地区担当:北後志支所余市郡余市町朝日町11番地TEL:0135-22-5135

小樽地区担当:小樽事業所小樽市忍路2丁目199番地5TEL:0134-64-3110

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.