スウェーデン芸術祭

小樽市民の歌

小樽市民の歌は、市政施行50周年を記念し、昭和47年に歌詞を公募して制定しました。小樽市の夜明けと未来に向けての市民の心意気をうたった歌詞に、栄光と明日への希望、発展を盛り込んだ明るいワルツ調のメロディーが印象的です。

 

作詞:伊藤和枝
補作:小樽市民の歌選考委員会
作曲:八洲秀章

 

小樽市民の歌小樽市民の歌楽譜・歌詞

歌詞

 

1.とどろく海のかなたに
空そめて朝陽(あさひ)かがやく
潮(しお)のせる風希望をはこび
港のゆくて光がはしる
おおわれらわれら小樽市民

 

2.はげしくもゆる命(いのち)に
ふりあおげ父祖の山なみ
このおおいなる歩みにきそう
夢みるかいなほこりにみちて
おおわれらわれら小樽市民

 

3.あふれる熱の息吹に
うた若く町をかなでる
人かぎりなく心をあわせ
世界を招く未来を拓(ひら)く
おおわれらわれら小樽市民

「小樽市民の歌(MP3)」をお聴きいただけます

「小樽市民の歌(MP3:940KB)」をお聴きいただけます。

曲は、「WindowsMediaPlayer」などブラウザの設定により再生されます。

再生中に音がとぎれる場合は、ボタンをマウスの右ボタンでクリックして「対象をファイルに保存」を選択して、ファイルを一度ダウンロードしてから再生してください。

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.