シリーズ災害に備える3 第5回目 (平成23年10月号)

公開日 2020年10月27日

更新日 2021年01月14日

木造住宅の耐震診断費用を助成します

 ここ十数年で、地震により被害を受けた建物の多くは、昭和56年以前の古い耐震基準に基づいて建てられた木造住宅でした。
 市では、安全で快適な住みよいまちづくりの一環として、また、地震に対する不安の解消と被害の軽減を図るため、戸建て木造住宅の耐震診断に係る費用の一部を助成します。 対象となる住宅などについては、次のとおりです。


【対象住宅】 
  昭和56年5月31日以前に着工された、地上3階建て以下で在来軸組工法または枠組壁工法により建てられた専用住宅か、住宅部分の床面積が延べ面積の2分の1以上である兼用住宅です。


【対象者】 
 対象住宅に居住している小樽市民で、市税に滞納のない方です。


【助成金額】
 耐震診断費用の3分の2に相当する額で上限は3万円になります。

 

【申請受付期間】
  11月30日(水)までです。期間内であっても、助成金交付予定額の総額が今年度予算に達したときは、受け付けを締め切りますのでご注意ください。
 対象となる診断の要件や、申請に必要な書類などについて、詳しくはホームページをご覧になるか、建築指導課までお問い合わせください。

 

手続きの流れ

  

建築士事務所の選定

 市内に事業所などを置く建築士事務所に所属し、耐震診断員に登録されている建築士が行う診断が対象です。

  ↓

助成金交付申請

 申請書については、建築指導課で配布するほか、ホームページからも入手できます。

  

助成金交付決定

 交付決定後、業者と契約の上、耐震診断に着手してください。

  

完了報告

 耐震診断完了後、診断結果について完了報告を提出していただきます。

  

助成金交付請求

 助成金額決定後、助成金交付請求書を提出いただき、助成金を支給します。

 

問い合わせ先

建設部建築指導課

〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号

電話 0134-32-4111(内線 431)

ファクス 0134-32-3963

メール mailto:kentiku-sido@city.otaru.lg.jp

お問い合わせ

総務部 広報広聴課
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線223・394
FAX:0134-27-4331
このページの
先頭へ戻る