閉校3施設の利活用に向けたサウンディング型市場調査について

公開日 2020年12月03日

更新日 2021年01月05日

実施結果について

サウンディング型市場調査の実施について

※参加事業者の募集は、令和2年3月31日をもって終了しました

 

サウンディング型市場調査とは

対話(サウンディング)を通じて、公共施設の利活用等に対する様々なニーズやアイデアを把握する調査のことです。

いただいたアイデアは、今後公募することになる場合の条件等の検討に活用させていただきます。

事業者の皆さまにとっては、市の考え方を直接聞くことや、事業者としての考えを市に伝えることができます。

市にとっても、市場性の把握や実現可能性の高い利活用案を幅広く検討できるというメリットがあります。

 

【調査の対象】

旧塩谷中学校(平成28年3月閉校)、旧末広中学校(平成29年3月閉校)、旧北山中学校(平成29年3月閉校)の土地および建物

 

旧塩谷中学校旧末広中学校旧北山中学校

 

調査の実施方法等

当初のスケジュール
項目 日程
実施要領の公表 令和元年7月16日(火)
参加(エントリー)の受付

令和元年7月16日(火)から9月20日(金)まで

※現地見学を希望される方はエントリーシートに記入してください。

対話(サウンディング)の実施

令和元年10月7日(月)から10月11日(金)の希望される日

※9月27日(金)までに調査票を提出してください。

調査結果の公表 令和元年11月(予定)

 

実施要領等

 

申込書等

参考

全国各地の閉校施設活用例や各種補助制度につきましては、文部科学省のサイト「みんなの廃校プロジェクト」をご覧ください。

文部科学省「みんなの廃校」プロジェクト(外部サイト)

 

お問い合わせ

総務部 企画政策室 企画政策グループ
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線273
FAX:0134-22-6727
このページの
先頭へ戻る