新型コロナ関連の小樽市の取組(補正予算概要ほか)

公開日 2020年12月04日

更新日 2022年05月20日

地方創生臨時交付金とは

 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)において、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実績に応じてきめ細やかな事業を実施できるよう、地方創生臨時交付金が創設されました。本市ではこの地方創生臨時交付金を活用し、感染拡大防止対策や緊急経済対策について対応して参ります。

 ・第1弾【飲食店への事業継続支援ほか】、第2弾【子育て世帯や中小・小規模事業者等の事業継続支援ほか】(PDF:547KB)

 ・第3弾【医療機関支援・収束後の復興事業・教育環境整備ほか】(PDF:614KB)

 ・第4弾【1感染拡大の防止、2雇用の維持と事業の継続、3経済活動の回復、計46事業】(PDF:641KB)

 ・第5弾【1感染拡大の防止、2雇用の維持と事業の継続、3経済活動の回復、4強靭な経済構造の構築、計56事業】(PDF:693KB)

 ・第6弾【1感染拡大の防止、2雇用の維持と事業の継続、3経済活動の回復、計17事業】[PDF:607KB]

 ・第7弾【本市独自の休業要請に伴う休業協力金ほか】[PDF:688KB]

 ・第8弾【1感染拡大の防止、3経済活動の回復、4強靭な経済構造の構築、計33事業】[PDF:1.5MB]

小樽市の事業について

地方創生図鑑(内閣府地方創生推進室)

新たな生活様式の実践について(北海道)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(北海道HP)

 

お問い合わせ

総務部 企画政策室 企画政策グループ
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線273
FAX:0134-22-6727
このページの
先頭へ戻る