収支改善プランについて

公開日 2020年12月12日

更新日 2023年10月06日

《収支改善プランの検証》

 平成30年11月に策定した小樽市収支改善プランは、令和元年度から令和7年度までを計画期間として、「収支改善取組後の収支の黒字化」と「財政調整基金の確保」を図ることを目指し、収支改善に向けた34の取組項目(R2年度に項目の統合によりその後は32項目)を掲げて推進を図ってきました。このたび、令和4年度がプラン計画期間の中間年となることから、これまでの収支と取組の状況について、検証を行いました。
 検証の結果、プランの目標は達成している状況ですが、収支見通しにおいては、社会情勢等の変化を踏まえながら、適宜、推計し直す必要性のあることや、将来を見据えるために、より長い期間で収支を見通す必要性のあることが分かりました。
 また、取組においては、4年間の効果測定により、効果の有無や効果額の規模が明確になったことや、今後も継続的に効果が見込まれるもの、または将来を見据えて効率的に取り組む必要性のあるものなどが分かりました。
 これらの検証により、今後は当プランを終了して新たな形で財政運営に取り組むよう、検討を進めます。

 今後の財政運営や取り組み方については、作成しだい掲載します。
 

 

《各年度の取組結果》

 

 

 

《策定の趣旨》

 本市では、今後人口減少が続くと予想され、地方税や地方交付税などの一般財源収入の減少が見込まれるなど、厳しい財政状況が続くことが考えられます。そのため将来にわたって効率的かつ安定的に持続可能な行政運営をなし得る財政構造とするため、収支改善に向けた具体的な歳入増や歳出削減に取り組む必要があることから、本計画を策定しました。

 

 

お問い合わせ

財政部 財政課
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線231
FAX:0134-23-0675
このページの
先頭へ戻る