「財政再建推進プラン」について

公開日 2020年12月13日

更新日 2021年01月12日

今直面する財政再建団体への転落を何としてでも回避するため、「財政再建推進プラン」を策定しました。

財政再建推進プラン(平成17年3月)[PDF:3.14MB]

 

平成18年2月、「財政再建推進プラン」の基本的な考え方や基本方針に基づき、平成18年度予算編成を踏まえ、財政再建に向けた具体的な対策の内容を取りまとめた「財政再建推進プラン実施計画」を策定しました。

財政再建推進プラン実施計画[PDF:969KB]

 

「財政再建推進プラン」のポイント(要点)は次のとおりです。

 

「財政再建推進プラン」のポイント


1.基本的な考え方
本市では、平成12年11月に平成13年度から平成17年度までを計画期間とした「財政健全化計画」を策定し、人件費の抑制や事務事業の見直しなど財政健全化に取り組んできました。しかし、景気の低迷や少子高齢化の進展、地方交付税制度をはじめ地方財政を取り巻く環境の変化により、本市の財政はかつてない厳しい状況に追い込まれています。 将来にわたって効率的かつ安定的に継続可能な行政運営をなし得る財政構造とするための抜本的な見直しをして、今、直面する財政再建団体への転落を何としてでも回避するため、不退転の決意で財政再建を図らなければなりません。

2.プラン推進の基本方針
・本市の人口規模などにふさわしい行財政運営を基本とします [スリムな行政]
・時代や住民のニーズに柔軟に対応するため、組織・機構の改革をさらに進めます [スリムな組織]
・これまでの財政健全化の取り組みを踏まえ、さらに全ての事務事業を見直し、その必要性や効果を検証します [聖域なき見直し]
・行政と民間の役割分担を明確にし、市民と協働の行政を推進します [市民との協働]

3.計画期間等
 1)計画期間  平成17年度から平成21年度までの5年間
 2)計画目標  計画の最終年度(平成21年度)の単年度収支の黒字化
 3)改善目標額
      ・ 平成18年度から平成21年度までの4カ年合計で約88億円の改善
      ・ 平成21年度には単年度で約28億円の改善

4.現状での収支試算(16ページ)

5.財政再建を図るための取り組み (18ページ)
 

財政再建の取り組みは、行政の徹底した努力はもちろんのことですが、
行政のみで達成できるものではなく、市民皆さんの理解と協力がなければ成し得ません。
市民皆さんのご協力をお願いします。

 

お問い合わせ

財政部 財政課
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線231
FAX:0134-23-0675
このページの
先頭へ戻る