減塩を心がけましょう

公開日 2021年03月11日

更新日 2021年03月26日

食塩の摂りすぎに注意!

食塩の摂りすぎは、高血圧や循環器疾患などの原因になります。

予防のためにも、毎日の食事で減塩を心がけましょう。

食塩摂取の目標量

日本人の食事摂取基準(2020年版)
成人男性 7.5g未満/日
成人女性 6.5g未満/日

小樽市の食塩摂取の現状

平成28年度アンケート結果
成人男性 平均9.3g未満/日
成人女性 平均9.4g未満/日

※第2次健康おたる21中間評価アンケート

おいしく減塩するコツ

素材そのものの味を生かす

旬の食材や新鮮な食材は、素材自体の味が良いため、自然と減塩につながります。

酸味や香味、辛味などを活用する

酸味」「香味」「辛味などを調理に使うことで、味にメリハリがつきます。

  • 酸味:酢、レモン、ライムなど
  • 香味:ねぎ、にんにく、しょうが、しそ、ハーブなど
  • 辛味:唐辛子、わさび、からし、山椒、カレー粉など

だしの「うまみ」を生かす

かつお節、昆布、煮干しなどのだしには、うまみ成分が豊富に含まれています。
だしをきかせてうまみを生かすことで、薄味でもおいしく仕上がります。
ただ、市販のだしには食塩が多く含まれるので、使い過ぎには注意しましょう。

「乳和食」を取り入れる

乳和食とは、和食に牛乳・乳製品を使用した料理方法のことです。
食塩が多くなりがちな和食ですが、乳製品のコクやうまみを生かすことでおいしく減塩できます。
詳しくは、一般社団法人Jミルク「Jミルク乳和食サイト」をご確認ください。

減塩食品を使う

減塩しょうゆや減塩みそなどの調味料のほか、麺類や練り製品など様々なものがあります。
同じ分量でも含まれる食塩の量が少ないため、手軽に減塩することができます。

こいくちしょうゆ大さじ1あたり食塩約2.6グラム→減塩しょうゆ大さじ1あたり食塩約1.5グラム

食べ物に含まれる食塩の量

食塩が多く含まれる食品を知り、食べる頻度や量を調節しましょう。

食品に含まれる食塩の目安量[PDF:415KB]

お問い合わせ

保健所 健康増進課
住所:〒047-0033 小樽市富岡1丁目5番12号
TEL:0134-22-3117
FAX:0134-22-1469
このページの
先頭へ戻る