【ご注意ください!】不審なメールについて

公開日 2022年03月17日

更新日 2022年03月17日

不審なメールについて

小樽市のメールアドレスのようなもの(City.otaru.lg)を名乗った迷惑メールが確認されました。
暗号化された添付ファイルが付いており、別メールでパスワードが通知されるものです。
身に覚えがないメールの場合、削除をお願いします。
また、確認できない場合は、添付ファイルを絶対に開かないでください!

標的型攻撃について

1 標的型メール攻撃とは

 「標的型攻撃」とは、明確な意思と目的を持った人間が特定のターゲットや情報に対して特定の目的のために行うサイバー攻撃の一種を言い、中でも電子メールを用いて行われる攻撃を「標的型メール攻撃」と呼びます。

 送信者(攻撃者)は特定の企業・組織、個人に関係者を装った電子メールを送付し、受信者がメールに記載されたリンクにアクセス、または添付ファイルを開くことにより、ウイルスに感染してしまいます。

 不特定多数に対して同一の文面を送りつけるスパムメールとは異なり、実際に取引等がある人物や企業になりすましたメールが送られることがありますので、一見して迷惑メールと気づけない場合があるため注意が必要です。

 また、ウイルスに感染してしまった場合、自分のパソコンが遠隔操作され、アドレス帳に登録がある宛先へマルウェア(不正プログラムのこと)付きのメールを勝手に送信されてしまう等、気づかないうちにサイバー攻撃に加担してしまい、二次被害を広げてしまう危険があります。(このような攻撃を「踏み台攻撃」と言います)


2 標的型攻撃メールを受信した場合の対処方法について

  • 差出人に心当たりがないメールは、たとえ興味のある件名でも開封しないようにしましょう。
  • 不自然なメールが着信した際は、差出人にメール送信の事実を確認しましょう。
  • メールを開いた後で標的型攻撃と気付いた場合、添付ファイルは絶対に開かないようにしましょう。また、メールの本文に書かれたリンク もクリックしないようにしましょう。

お問い合わせ

総務部 デジタル推進室
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線219
このページの
先頭へ戻る