市長からのメッセージ(令和4年6月1日)

公開日 2022年06月01日

更新日 2022年06月01日

 教育旅行の季節を迎え、街なかを歩いていると、手に手に資料を持った児童、生徒の皆さんの姿を見かけます。歴史的な建造物が建ち並び「屋根のない博物館」とも言われる小樽市に、教育旅行でお越しいただけることをうれしく思っておりますし、長いコロナ禍でさまざまな制約のあった学校生活も、少しずつ日常を取り戻しつつあるのではと感じております。
 予定どおりですと、7月には2年10か月ぶりとなるクルーズ客船、「ぱしふぃっくびいなす号」が小樽港に寄港します。また、過日、客船「にっぽん丸」を運航する商船三井客船株式会社の上野友督社長が来庁され、小樽港発着の「飛んでクルーズ」を8月以降4回実施する予定と伺いました。併せて、運航に際しての感染防止対策の徹底を双方で確認させていただきました。
 国も段階的に外国人観光客の受け入れを緩和する方針で、明るい兆しを感じており、市といたしましても、この機会を捉え、ポストコロナを見据えた観光戦略を積極的に進め、地域振興につなげてまいります。
 一方、足元の経済では、新型コロナウィルスの感染によって地域経済は長期的に大きなダメージを受けており、それに加えて、ロシアのウクライナ侵攻などによる燃料や物価の高騰も深刻です。市といたしましては、現在、検討中でありますが、国から交付される「新型コロナウィルス感染症対応地方創生臨時交付金」などを活用し、市民生活と地域経済を下支えしてまいります。
 今月開催の令和4年小樽市議会第2回定例会には、「新型コロナウィルス感染症対策事業費」、「医療的ケア児等総合支援事業費」さらには「新総合体育館基本構想策定事業費」などの予算を提案し、ご議論いただくことになっております。
 議会のご理解をいただきながら、引き続き、市政を着実に推進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

令和4年6月1日
小樽市長 迫 俊哉

にっぽん丸の写真 

お問い合わせ

総務部 秘書課
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線211,212
FAX:0134-32-1478
総務部 広報広聴課
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線223・394
FAX:0134-27-4331
このページの
先頭へ戻る