冬の魚

公開日 2020年10月07日

更新日 2021年03月08日

ニシン

にしん

昭和30年代に入りほとんど獲れなくなっていましたが、近年漁獲量が再び上昇。産卵のために海面が白濁する『群来(くき)』も見られるようになりました。1〜3月に獲れるため、かつて小樽近海では『春告魚(はるつげうお)』とも呼ばれていました。

 

おたる祝津にしん群来まつり

群来(くき)

ゴッコ(ホテイウオ)

ごっご

ホテイウオの和名は、体形が七福神の布袋様に似ていることからつけられましたが、北海道では「ゴッコ」と呼ぶのが一般的です。体はやわらかく、うろこや突起物もないため、体表はなめらかでぶよぶよしています。身は柔らかく、鍋料理(通称「ゴッコ汁」)の材料としてなじみがあります。

お問い合わせ

産業港湾部 農林水産課
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線268
FAX:0134-32-5703
このページの
先頭へ戻る