アーティストバンク 高橋 一文(たかはし かずふみ)

公開日 2020年10月14日

更新日 2020年12月23日

Otaru Artist Bank

高橋 一文(たかはし かずふみ)

アーティスト情報
登録No. 139

雨の痕跡

「雨の痕跡2019~深層へ」

第73回美術市展市長賞

活動分野
(ジャンル)
絵画(水彩色鉛筆、インスタレーション)
代表者名
人数
連絡先住所 小樽市緑2丁目16番16号
連絡先電話番号
ファクス
E−mail

ontheglobe2013@softbank.ne.jp

ホームページ

市内における主な活動場所

自宅、市立小樽美術館(市民ギャラリー)など

 

プロフィル

【活動内容】

 ぼくは、水彩色鉛筆を塗った紙や板を用意します。それを雨の降る日に外に出し雨で濡らします。

 絵になりそうなぐらいで室内にひっこめて、その後乾かします。

 このようにして、いつもは消えてしまう雨粒の模様を紙や板に残す、「雨の痕跡」を作品にしています。

 ぼくは、「雨の痕跡」をインスタレーションあるいは絵画として、主に市立小樽美術館(市民ギャラリー)などで

 展示発表しています。

 

【活動暦(略歴)】

1978 北海道小樽市生まれ

1997 北海道小樽潮陵高等学校卒業

2002 北海道教育大学釧路校卒業

    北海道教育大学釧路校卒業制作展(十六番倉庫)

2012 道展に入選(札幌市民ギャラリー)

2013 まで4年間「かなた展」に出品(市立小樽美術館)

2015 道展に入選(札幌市民ギャラリー)

2016 まで9年間市展に立体造形を出品(市立小樽美術館)

2017 ・第2回文団協・雪あかりジョイント事業

    「A Crystal Night in Art Museum ともしびのむこうに」(市立小樽美術館)」

    ・ヤンセンファーマ株式会社主催

    「Heartカレンダーコンテスト2017」優秀賞

2018 ・第72回市展教育長賞(市立小樽美術館)

    ・道展に入選(札幌市民ギャラリー)

2019まで5年間「THEY展」に出品(市立小樽美術館)

    ・第73回市展市長賞(市立小樽美術館)

    ・第94回道展新人賞(札幌市民ギャラリー)

 

コメント

 

「雨の痕跡」作りのテーマは「重力」「自然」「円」です。

 

1.「重力」

 雨粒が空から地面に落ちてくる自然の不思議「重力」を実際に感じながら制作しています。

 立体造形から「雨の痕跡」に作品が移行しましたが、ぼくの重力の捉え方が科学的な物から

 身近な自然に変わっていったためと今になると思います。

 

2.「自然」

 身近にある自然が好き。たまたま、コンクリートの上に落ちる雨粒の跡がきれいで作品にできないか考える。

 また、自分も自然の一部として振る舞い作れないか考える。そうして、自然そのものを扱える「雨の痕跡」作りを続けています。

 

3.「円」

 円は、人と自然の距離が近かった頃から作られていて、形として魅力を感じています。

 何より、ぼくが見ていて心がなごむ大好きな形です。

 

 最後に、自分自身が自然と繋がっているような作品を作りたいです。そして、見ている方が自然などについて自由に

 発想できるような作品を作り発表したいです。

 

・2020.追加コメント

ぼくの制作の根底にあるもの。

 

ぼくの興味が西洋美術から日本美術に移りました。雨へのこだわりは、その頃から始まりました。

日本美術のとりわけ「無」について、表現するためにです。

人の手では作れない、自然そのものの形、この無作為な水玉が「無」を表現しています。

また円のモチーフも「無」を表現している円相から着想しています。

ぼく自身も生きていながら「無」になって常に心穏やかでいたい願望が制作の根底にあります。

お問い合わせ

教育委員会教育部 生涯学習課
住所:〒047-0034 小樽市緑3丁目4番1号
TEL:0134-32-4111内線7531・7532
FAX:0134-33-6608
このページの
先頭へ戻る