建物の守り役"鯱(しゃちほこ)"

公開日 2020年10月16日

更新日 2021年03月05日

 小樽運河沿いに、小樽を代表する倉庫建築のひとつである「旧小樽倉庫」が建っています。この旧小樽倉庫の屋根の上には、ひときわ目を引く「鯱(しゃちほこ)」が、全部で8つ掲げられています。

 鯱は、姿かたちは魚のように見えますが、頭は虎に似た想像上の動物です。火災や災難などから建物を守るという意味合いがあり、その建物の守り神として屋根の棟の両端に掲げられました。また、城郭の飾りとしての役目も合わせ持ち、日本では室町時代から掲げられたと言われています。

 小樽市内には、鯱が取り付けられている歴史的建造物がいくつかありますが、旧小樽倉庫のように倉庫建築に取り付けられたものとしては、全国でも珍しい事例です。

 まだ運河がつくられていなかった当時、煉瓦造の建物を中心に左右対称に展開した旧小樽倉庫の姿は、屋根に掲げられた鯱がシンボルとなり、その存在を海に向かってアピールしていたことでしょう。

 

小樽市指定歴史的建造物の屋根に掲げられた鯱
旧猪俣邸の鯱の画像旧猪俣邸 岩永時計店の鯱の画像岩永時計店 旧小樽倉庫の鯱の画像旧小樽倉庫

 

お問い合わせ

建設部 新幹線・まちづくり推進室
住所:〒047-0024 小樽市花園5丁目10番1号
TEL:0134-32-4111 内線(新幹線・高速道路推進)7269・7275/(景観まちづくり)7471・7472/(企画調整・市街地整備)7473/(地域公共交通)7480
FAX:0134-32-3963
このページの
先頭へ戻る