「定住自立圏」地域創富力高度化調査事業

公開日 2020年12月04日

更新日 2021年01月06日

「定住自立圏」地域創富力高度化調査事業とは

「定住自立圏構想」の趣旨に基づき、地域に根ざした雇用創出効果のある産業振興の取組であって、他の定住自立圏のモデルとなりうるような先進的・独創的な取組を行おうとする地方公共団体を総務省が募集し、各定住自立圏における取組を充実・深化させていく上での実態的・制度的な課題・解決方策の抽出、検証、提言等を行うものです。

当市の応募が採択され、総務省と平成23年8月4日付け委託契約を締結しました。

事業の実施内容

 「北しりべし定住自立圏」は、農水産物を始めとした「食資源」と、歴史・文化遺産、自然景観などの「観光資源」が豊富である一方で、長引く地域経済の衰退、人口減少、少子高齢化など多くの課題を抱えています。このことから、行政区域の垣根を越えて、それぞれの基幹産業の融合を図り、交流人口を拡大させることにより、圏域全体の経済の活性化を図ることを目標に、次の事業を実施しました(平成23年度)。

農商工連携及び6次産業化推進事業

「北しりべし食材リスト」の作成

圏域内の「食資源」をリスト化することで情報共有を図り、異業種交流の推進や、

飲食店など業務用での活用を促進しました。

「北しりべし直売所ガイドブック」の作成

圏域内に多くある直売所をガイドブックにまとめ、圏域内や札幌圏に配布すること

で、交流人口の拡大を図りました。

「北しりべし直売所・観光農園ガイドマップ(web版)」はこちら

北しりべし「食に関する情報発信」ラジオ放送の実施

平成23年8月から11月までの間、ラジオ放送を通じて、圏域構成町村の食に関

するイベント情報を小樽市民に提供しました。

「北しりべし農水産物付加価値向上セミナー」の開催

平成24年2月に余市町において、圏域内の生産者や異業種交流団体を対象に、

地場の食材を活用した商品開発に関するセミナーを2回開催し、商品開発の促進

を図りました。

移住促進事業

移住促進パンフレットの作成

「おたる移住・交流推進事業研究会」発行の「移住促進パンフレット」に圏域の生活情報や地理的情報を

掲載することで、北しりべし一体となって情報提供を図りました。

首都圏でのキャンペーン活動

首都圏でのキャンペーンに「小樽・北しりべし」として参加し、圏域の暮らしや就農に関する「生の情報」を

生活者の視点に立って発信しました。

広域観光プロモーション事業

クルーズ客船寄港促進事業

圏域内の「食」「観光資源」「歴史・文化的遺産」などの観光PR素材を収集した冊子や、それらを巡る観光

コースを提案するパンフレットを作成し、クルーズ客船誘致活動として、船社や旅行会社を対象としたセミ

ナーを東京で開催したほか、乗船客に対する情報提供を行いました。

東アジア圏観光客誘致事業

東アジア圏の上海・台湾において、旅行会社などを対象にした観光説明会を開催するなど、地場の食資源

や観光資源のPRを行い、観光客誘致を図りました。

国内旅行担当者招へい事業

国内旅行会社の個人旅行商品製作担当者を招へいし、魅力的な旅行商品の製作を促すことにより、観

光客を呼び込むことを目的として、小樽観光のプロモーション活動を行いました。

お問い合わせ

総務部 企画政策室 企画政策グループ
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線273
FAX:0134-22-6727
このページの
先頭へ戻る